Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

IMPACT:エディ・エドワーズ、NOAH修業時代の思い出、今後の展望について




エディ・エドワーズは2005年に日本のプロレスリングNOAHの道場で、忘れられないような訓練を受けていました。

「建物は東京のちょうど外側、有明にあった。クリス・ジェリコやエディ・ゲレロのような日本で修行をしていた選手達に憧れていたし、日本のプロレスが好きだったんだ。自分のキャリアも同じようなモデルにしたいと思っていたし、トレーニングがどれだけ大変かは聞いていたけど、それに挑戦したかったんだ」

エドワーズ、21歳。この日本での時間が休暇ではないことにすぐに気付いた。と同時に、自分がプロレスラーに向いていないのではないか、ということを示しているのではないかと深刻に危惧していた。

「トレーニング中は常に自分に疑問を持っていた。プロレスでは疑念を持つことは容易で、自分自身が一番の批判者です。プロレスと日本への愛が試された。」

アメリカでは、プロレスに対して、バンプとサイコロジーがより構築されています。しかし、日本でのトレーニングは運動でした。

毎日300回の腕立て伏せから始まるウォームアップルーチン、300回のシットアップ、首ブリッジ、50回のジャンピングスクワット、300回のフリースクワット……すべてはリングに上がり、トレーニングを開始する権利のために行われました。

「『F……俺はこれが出来るのか』と思うようなものばかりだった。首が痛くて、腹筋が痙攣していた。しかも、それはリングに上がる前のこと。ただ、これらは俺を人間として変えた。そして、ベテランの方々が、俺たちにビジネスへの敬意について多くのことを教えてくれた。それは今でも忘れる事が出来ない」

エドワーズは自らの仕事に自身があるが、それは彼の日本での経験に基づく。3年前、NOAHに復帰した際、2017年8月には中嶋を破り、GHCヘビー級王座を外国人として初めて獲得している。

「GHC獲得は長い間、俺の人生の中で一番の目標だった、俺はついにやったんだ。あそこでやれるなら、どこでもやれる」



日本での時間が、エドワーズを完全なパフォーマーに変貌させ、インパクト・レスリングを背負う準備が出来ている。エドワーズは火曜日に初の防衛戦、オープンチャレンジで、インパクトの未来へのもう一つの重要なピースと言えるラスカルズのトレイと対戦する。

「俺は会社を牽引して、次のレベルに連れて行きたいんだ。俺はチャンピオンになることが何なのか、それが何を意味するのか知っている。会社と裏方のスタッフ、誰もが頼りに出来る男になりたい」

ドク・ギャローズとカール・アンダーソンはPPV"Slummiversary"でエドワーズのバックアップをしましたが、先週火曜のインパクトでは独自のストーリーラインを持っているようでした。

「彼等とのストーリーは待ってみよう。多くの事を抱えているようだし、俺はベルトに集中している。様子を見よう」

会社が決定した場合、アンダーソンとPPVのヘッドライナーを務める可能性があります。

エドワーズは2年前、サミ・キャラハンのバットでのミススイングを受け、視力を犠牲にしていますが、2度目のチャンスを得ました。彼はキャリアと個人的な生活において、前だけを見ています。エドワーズと妻、アリーシャ・エドワーズは、2月に3歳の姪を養子に迎え、家庭にも喜びが加わりました。ウォルター・コワルスキーの元で学んでから20年が経った今も、エドワーズは"ダイ・ハード"というニックネームを体現し続けています。

「俺のキャリア全体のために、俺を動かす方法であり、俺はずっとそうしてきた。俺は諦めないし、怪我をしても闘う。俺はダイ・ハード・メンタリティを持っている。このニックネームが俺のキャリアを決定づけたんだ。」

インパクトが前王者テッサ・ブランチャードを会社との論争で契約を解除した後、エース・オースティンにベルトを与えるべきだったかは後ほど分かるだろう。その代わり、ベルトはエドワーズへともたらされました。エドワーズはインパクトに安定性、信頼性をもたらすことで、会社全体の物語を変える事を計画しています。

「俺がインパクトに残ったのは、理由がある。これほど俺自身や会社に自信を持っていると思った事が無い。これからも攻め続ける。俺はこの会社の成功を助けたい。勢いがあるし、それに乗って特別な瞬間を作るために全力を尽くすつもりなんだ」



Sports Illustrated

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!