国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2020年7月22日水曜日

AEW:コルト・カバナが語るAEWとの契約、ヤング・バックスとの会話

0 件のコメント :




AEW Unrestrictedのポッドキャストにコルト・カバナが出演し、なぜAEWと契約したかを語りました。AEWがどのようにアンダーグラウンド・ファンと繋がっているか、"インディペンデントの精神"で彼等を幸せにする、という彼の理想がAEWの理想とどのようにマッチしたかについて話しました。

「マット、ニック、ケニー、ハングマン、コーディー、みんながアンダーグラウンド・プロレスの可能性と、長い間テレビで放映されていたものにうんざりしていたアンダーグラウンド・ファンに訴えかけたとき、これが唯一の選択肢だったんだ。」「違うものを求めているファンに手を差し伸べるというこのアイディアは、自分のキャリアの中でより高いステージに立てるとは思っていなかったからこそ、今までずっと信じてきたことです。僕はレスリングを愛してる。僕の中にはいつもクレイジーな起業家精神があった。プロレスラーになりたいと思っていた。金持ちのプロレスラーではなくて、本当の闘争者のような考えを実現したんだ」

「"インディペンデント・レスラー"と"インディペンデントの精神"を常に支持してきた。自分が幸せになれる事をして、プロレスファンが幸せになれる事をして、狂った構造の下ではなく、それらがAEWになったんだと思う。他の誰かがやるべきプロレスではなく、自分達が考える方法でプロレスをやろうという考えだ。」

司会のトニーがAEWがどのようにして、企業とインディペンデントの世界をミックスさせ、タレントにはやりたいことをする自由が与えられていて、TNTや他のカンパニーと提携出来ているのか、と問うと、「AEWは安全なことをしながら"楽しくてクールなことは何でもする"」と同意しました。

「アイデアはアンダーグラウンドなものが多いから不思議だけど、TNTで放送している。そのバックにはたくさんのことがあるんだ」「大勢の人は安全なものにしようとする、AEWはある程度安全なものにしているけど、楽しくてクールなことなら何でもやろうという心意気がまだ残っている」

カバナはPPV"Fytet Fest"でトレントの母親が試合に駆り出された事を上げました。このアイデアは他のカンパニーではジョークとして見られていただろうが、AEWではテレビにおけるポイントだったと指摘した。

「ベストフレンズがトレントのママのバンに乗って降りて来るという話で、ロッカールームの後ろのどこにいても、みんながそれは最高のアイデアだと盛り上がった。それが実際にやろうとすると、そのアイデアは捨てられて、"マジで言ってんの?"となる。何をしてるって言うんだ?」

「AEWのアイデアはロッカールームで言っただけじゃなくて、きちんと流れに持ち込まれる。最高だ。スー・ベレッタ(トレントの母親)は本当にAEWの理想を示していると思う」

カバナのリング上でのAEWデビュー戦ではビデオにてAEWのことを最初から知っていたと記載されたことを指摘しました。カバナはヤング・バックスとの友情、PPV"ALL IN"でアイデアをカバナに伝えていた事を語りました。

「ヤング・バックスとは何年も前から親しかったし、彼等は僕にアドバイスを求めて来る存在だ。彼等は僕を引き寄せて、『信じられないかも知れないけど、僕等はこれをやっているんだ』ってそれはALL INの時だ。その時から全てが始まるまでかなり長かったけど、ずっと隠してきた。僕は秘密を守るのが得意だから。かなり刺激的だった。」

カバナはこれまでのキャリアを通して与えられてきた他の約束やオファーとは違い、成立することは分かっていたと語り、プロレス界でのThe ELITEの立ち位置とAEW会長トニー・カーンと彼等がAEWで行った賭けについて語りました。

「なぜか疑っていなかったね。プロレスを始めて21年になるけど、間違ったことを言われることがあった。一度だけこんな契約をさせられたこともあった。名前は思い出せないんだけど、なんだか面白かったんだ。あるサッカーチームを所有することになっている別のオーナーの話で、契約書をもらったんだ。中国への偽のオファーをたくさんもらって、香港に引っ越すことになったんだ。こんなもの成立するわけないってわかってるんだけどね。アフリカやイスラエルへのツアーも何度もあったけど、それも実現しなかった。だけど、なぜかAEWは正しく思えたし、聞こえてきたんだ」

「AEWは正しくて、意味があった。バックス、コーディー、ケニー、ハングマン、彼等はプロレス界で最もホットな存在だった。ROHで見てた時も人が集まっていて、Being The Eliteがすごくホットになった。数字がどんどん大きくなって、全てが上昇していくのを見てた。そして、ALL INがあって、僕もALL INの一員になろうとしてた。成し遂げるにはあまりにも多くのことが必要だったけど、それは意味のあることだった。だから、トニーがなぜこの賭けをして、リスクを取るのか理解が出来た」

「僕はAEW DARKのコメンテーターとしてやっていたんだ。トニーに会いに来たんだ。チームの一員になりたいと思っていたけど、どんなボスだって、雇う相手が変人でないか確認したいと思ってるだろ。1対1で会って、挨拶をして、お互いの価値観を理解していると思えた。素敵な出会いだったし、プロレスの世界がどれだけ素晴らしいか、素晴らしいものになるかということについて、僕達は同じ志を持っているんだ」


0 件のコメント :

コメントを投稿