Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

エリック・ビショフ、トニー・カーンとの会話後、AEWに対する認識を変える





元WCW会長エリック・ビショフとAEW会長トニー・カーンは今週初めて会話を行った。"After 83 Weeks"に生出演したビショフはカーンと会話をすることになった時、ためらいはなかったと明かした。

「こんなことになるなんて、何故だ。危害はない、反則もない。楽しくなるだろう。楽しかった。でも、それだけのことだ。裏で何かが起きているわけじゃない」

カーンは以前、ファイナンシャルタイムズに対して、WCWから学んだ教訓は「何をすべきではないか、だ」と語っていました。ビショフは、カーンがWWE NXTとの競争のために数千万ドルを費やしている事明かし、カーンが「ユニークな何かを成し遂げ、全てのケーブルTVのトップに立つ」ために複数の機会に応答すると答えた。

カーンは会話の中で、コメントはレスリングビジネスについてのより大きな話からの抜粋だった、と述べ、ビショフはカーンとの会話によりAEWに対する認識を変えた、と話す。

「トニーと直接会話をする機会がこれまでなかったが、彼が考えていたよりもはるかにAEWが成功する可能性は高い。彼の話を直接聞いて、彼がどれだけ賢いかは実感することはなかった。しかし、彼のビジネスに対する真の情熱を聞いたことは、何よりも印象に残った」と述べた。

レスリングビジネスから長い間離れた後、昨年スマックダウンのエグゼクティブディレクターとして数ヶ月間だけ戻ったが、AEWと共に働くつもりは無いという

「私は心から疑ってる。彼等が何のために俺を必要としているのかが分からない。トニーは非常に良いチームを持っている。トニー自身がショーのプロデュースを楽しんでいて、本当に才能のある人達に囲まれているんだ」

カーンとの会話は楽しかったが、すぐに話す事は無いと締めます。

「それ以来話してない。近い将来、偶然にすれ違う事が無い限り、そなるとは思ってない。いや、話をしただけだ」



-----------------------------------------------------------

うーん………怪しい。。




コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!