Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

MLW:ブライアン・ピルマンJr.来年FAを示唆、行き先はWWE?AEW?




ブライアン・ピルマンJr.はMLWの人気に感謝しており、来年フリーエージェントとして再契約する可能性は排除していません。しかし、それはWWEとAEWの両方が彼のキャリアにおいて記念碑的な新進気鋭のスターとなる可能性もあります。

「俺がキャリアの中で、これまでやってきたことは、全て純粋で有機的なものだった。俺は自分のやり方でやってきたチャンスを受け入れて、小さなインディーのショーでも断る事はほとんどなかった。今、俺は人々が一緒にビジネスをしたいと考える別な領域に入っているんだ」

22歳という遅い年齢でレスリングビジネスに入ったにも関わらず、ピルマンJr.は業界全体で切望されたレスラーとなっており、それは急速な進歩を迎えています。

「MLWでの在任期間も終わり、大きな決断をする時が来た。アメリカで新日本のショーもやりたいし、いつかWWEが俺のために門戸を開いてくれる事も願ってる。俺はAEWにもぴったりだと思う。」

偉大な故ブライアン・ピルマンの息子は、2021年フリーエージェントとして次のリングを決定する事に対して,冗談を交えます。

「俺は全ての機会の長所と短所をみなければいけないが、マレットのために最善かが重要だ。もし、この髪型を切ってくれという奴がいたら、サインは出来ない」(マレット……襟足だけを長く伸ばした髪型、日本で言う天山ヘア)と26歳は冗談めかして言いました。

ピルマンJr.は昨年のAEW PPV"Double or Nothing"でのカジノバトルロイヤル、またAEW Darkでもショーンスピアーズやブライアンケージとの試合、その他AEWのプログラミングのいくつかに出演しています。しかし、MLWとの契約が切れるまで、AEWとの正式な契約が出来ません。

AEWとの提携の理由として、コーディとの友情を上げています。2人は数年前にカルガリーで、ピルマンJr.がランス・ストームのアカデミーでレスリングを習ってた時に出会いました。

「俺たちはすぐに友達になった。彼に「この業界のことは何も知らないんだ」と告げると、彼は多くの素晴らしいアドバイスをしてくれて、それが今でも心に残ってるんだ」

将来の夢の試合を聞かれると、彼の故郷シンシナティで開催されたWWEのハウスショーでダニエル・ブライアンとかわした会話を思い出しました。

「俺たちはヨガとレスリングで成功するために必要なアプローチについて会話したんだ。ダニエルはビジネスに頭脳的なアプローチをするスマートな人だ。全てのスタイルを尊重し、全ての異なる側面を取り入れて、自分自身のベストな状態を引き出す事が出来る。賞讃を持ってるんだ」

また、そのリストにケニー・オメガとクリス・ジェリコの名前を書き加えました。

「オメガのドラマ性とマット上での爆発力は非常にユニークだ。ジェリコは常に指導者であり、Double or Nothingでのバトルロイヤルに参加させてくれた。彼はいつも若い連中を高揚させてくれるし、若者の周りにいるのが好きなんだ」

ただし、来年の契約終了まではMLWを辞めるつもりはないと明かしています。

「俺がキャリアを始めた頃、まだまだグリーンボーイだったけど、MLWは俺にとってすごく有り難かった。まるでステロイドの上で育てられたような感じ。ライブTVを学んで、ロウ・キーのような堅実なベテランと一緒に仕事をした。MLWは俺に多くの信頼を築き上げてくれたし、正しい決断をしたんだ。」


Boston Wrestling MWF
Wrestling Inc.

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!