Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:レイ・ミステリオ、レッスルマニア36でマスカラ・コントラ・カベジェラを希望!?






レイ・ミステリオはTV Insiderの取材に答えました。

▼エディとアンドラーデ

ミステリオはWWE USチャンピオンを巡りアンドラーデと抗争を繰り広げてきました。その戦いは、彼にとって90年代後半、WCWからエディが亡くなる直前まで、戦い、チームを組んできた様々な事を思い出させ、自分達への影響、地位を感じています。

「エディは僕たちの先駆者だ、ルチャリブレスタイルをWWEに持ち込んだ人、エディのすぐ後ろに僕や他のレスラーがいました。アンドラーデと一緒に足を踏み入れた時、どれを言いました。彼とエディには大きな類似点があります。それは、ルチャ・リブレ。伝統的なレスリングスタイルです。アンドラーデと僕には繋がりがあるという事実です。それはエディと長年戦ってきた繋がりと非情に似ています。スポットライトが当たった時、無意識にギアを上げたり、モチベーションを高めたりする事が出来る。今、このポジションにいて、エディの名前を生かし続けることが出来て、本当に幸せです。」

アンドラーデやルチャ・ハウス・パーティのような新しい才能にどんなアドバイスをしているのかについても答えました。

「彼等に出来るアドバイスの1つは、彼等が既に知っていることだと思う。それは外に出て、素晴らしいショーをし、伝統的なスタイルのルチャを代表する事です。僕達にとって、それはルチャ・リブレです。僕達はルーツは決して忘れません。僕はルチャ・リブレが僕に与えてくれた日、月、年の量と共にもっと成長する事を望んでいます。僕のWWEでの年月とともに、WWEもファンがルチャ・リブレにもっと触れる事を期待しています」

▼ドミニクの今後

レイの息子、ドミニクはWWEでのストーリーの一部となっています。現在、プロレスのキャリアのためにWWEプロデューサーであるランス・ストームなどのベテランとトレーニングを行っています。レイは来年までにリングデビューするのを望んでいます。ドミニクが彼のストーリーに加わる事で、ストーリーにリアリティが加わり、キャリアの中で最高のものになったと同時に、息子がビジネスに参入した際には成功するための必要なツールを与える事について答えました。

「父、親として、特別な瞬間を息子と共有出来る事は本当に恵まれています。他の父親のように、息子が医者や歯医者になりたい、またはその他の場合でもサポートは常にあります。これは僕の娘や息子の場合でも同じです。サバイバーシリーズのようなビックマッチでレスナーのようなトップアスリートと対戦します。団体や私達が表現しなければならないことは、自然で本当の気持ちです。レスナーが父親と(アマチュアレスリングでの優勝の証である)指輪を共有するように」

▼アンドラーデとの今後の抗争

アンドラーデとの抗争で、レイのマスクは強奪されました。そのタイミングではWWEにはマスクとタイトルを掛けた試合の計画がなかったと報告されていました。しかし、レイはレッスルマニア36では自らのマスクとアンドラーデの髪をかけたマスカラ・コントラ・カベジェラ戦を喜んで行うと発言しました。

インタビューは先週のラダーマッチの前に収録されています。

「今後の目標については、ラダーマッチの結果次第、その後も彼が反論し、さらに一歩進みたいと言うなら、僕は自分のマスクと彼の髪の毛を、レッスルマニアの瞬間のために掛けてもいい。どんなケースであれ、勝者は誰にとっても、大きな足がかりを得る事になる。僕はロイヤル・ランブルの追体験をしたいと思っている、ランブルで最長の時間を過ごした。これらは僕の心に留まっている。常に最も良い状況になりたいと思ってるんだ。」




確かに、ルチャをベースにした選手はどんどん増えている中で、レイ・ミステリオとラ・ソンブラが向かい合うとなれば、トラディショナルなルチャの決着方法であるコントラマッチは納得です。しかし、それは同時にWWEの歴史においても、新たな1ページとなることは間違いありません。多くのユニバースがこの慣習、メキシコにおける囚人の証など新たに触れる衝撃的な瞬間を目の当たりにする日も近いでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!