ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:飲酒運転のジェフ・ハーディー、聴聞会は7月5日に。有罪の場合、最大5年の禁固刑か??


 

先週の月曜日に飲酒運転で逮捕されたジェフ・ハーディーは当分の間、リング上での活動から姿を消し、商店は彼の今後の法的な状況に移っています。


来月7月5日に聴聞会が予定されており、その詳細が明らかになりました。PWInsiderは審議は罪状認否と保釈金の審理に指定されたと報じています。当日に刑務所から釈放されるために3,500ドルの保釈金に関連するものであるかどうかは不明です。


罪状は先週月曜日の午前10時頃、彼の車が道路で旋回していると報告され、逮捕されました。血中アルコール濃度は法定制限の約4倍に及んでいました。2019年に数ヶ月間隔で2回逮捕されており、10年間の間に3回の飲酒運転となるため、いくつかの軽犯罪に加え飲酒運転の重罪で起訴されており、有罪となった場合、最大5年の禁固刑となる可能性があります。


逮捕後、AEWオーナー兼CEOのトニー・カーンは声明を出し、出場停止処分、彼の問題のための治療を完了し、禁酒を維持する場合にのみプロモーションに復帰することができると述べています。予定されていたAAAでのイベントはジェフに代わり、ジョニー・エリートこと、別名ジョン・モリソンことジョン・ハーディーが出演しました。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!