ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:ケニーが語るForbidden Door、その他の団体との関係性「この週末のために自分ができる限りのことをしたよ。」


 

ケニーは2021年11月のAEW PPV「FULL GEAR」でハングマン・ペイジにAEW世界王座を奪われて以来、欠場が続いており、数ヶ月に渡り、肩や膝の問題、ヘルニアなど複数の怪我に手を焼いています。Fightfulのショーン・ロス・サップとのインタビューでケニーは今週末のイベントを欠場することがどれほど残念なことか吐露しました。


「俺は怒っているんだ。シカゴにいけたらよかったのに。シカゴにいたい、大きなショーにいたいんだ、でもそうじゃない。この週末のために自分ができる限りのことをしたよ。そうじゃなかったら、自分が全く必要とされてないんじゃないかと感じてしまっただろうから。」


AEWと新日本の提携については、2010年から2019年まで新日本でプロレスをしてきたケニーにとってAEWの掲げるミッションの中で常に希望に溢れた選択であったと語りました。彼はプロレスが誰にとってもフレンドリーな場所になるのを助けたいと考えており、AEWが協力している様々な会社を進歩が進んでいる証拠と語りました。


「新日本は自分のキャリアの中でも大事な場所です。俺達はいつも、プロレスが誰にとってもフレンドリーな場所であることを望んでいました。全員がそうではないかもしれませんが、それは俺にとって最も重要なことの一つだったんだ。新日本と有効的に仕事をする世界を見たかったし、最初から、初日から実現することを望み続けていたんだ。今、俺達は新日本と仕事をし、DDT、東京女子、AAA、そしてトニーが買収したROHとも仕事をしている。これらのプロモーションはお互いに仕事をしたがらないかもしれないけど、俺達はみんなが平和にプロレスをして仕事が出来るような場を作っているんだ。これは本当にクールなことで、今回物理的に参加することは出来ないけど、それでもここまで来ることが出来たのは嬉しいし、すごく満足しているよ。」


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!