ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:ランス・アーチャーがG1クライマックス出場についてコメント「とても光栄に思っているし、全員のケツを蹴り飛ばす準備は出来ている。」


 

ランス・アーチャーが7月16日から始まるG1クライマックス・トーナメントに参加すべく、再び日本に向かいます。アーチャーは6回目の出場となりますが、3年ぶりとなります。AEWのロースターでは唯一、トーナメントに出場します。1023XCLに出演した彼はAEWを代表することの意味についてコメントしました。


「驚くべきことだ。G1クライマックスにAEW代表としてただ一人出場することは、俺の歴史であり、2つのカンパニーの間にそういう繋がりがある、ということだ。新日本はプロレス50周年を迎え、その歴史は素晴らしく、豊かなものだ。G1クライマックスは、プロレス界に存在する他のあらゆるトーナメントを圧倒するトーナメントで、毎年素晴らしい大会だ。その一部になれることは素晴らしいことで、すごく光栄に思っている。


俺は2019年に参加し、多くの人がアメリカのAXS TVで生中継された俺とオスプレイの試合を見た。日本以外では初めてのG1だったんだ。多くの人が2019年に初めてG1を体験した。ここ数年はパンデミックや規制のせいで鳴りを潜めていたが、今は規制が解除され始め、レスラーの新たなビザも許可され、俺がムッ後に渡る扉が開かれた。AEWの代表として、また新日本プロレスで培った歴史もある。完璧にマッチしている。とても光栄に思っているし、全員のケツを蹴り飛ばす準備は出来ている。」


アーチャーは、オカダ、ジェフ・コブ、トム・ローラー、ジョナなどの名前が並ぶトーナメントAブロックにいます。G1参加のために移動する前に今週のDynamiteでは、ジェリコと組み、モクスリー、棚橋と対戦します。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!