国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2022年6月21日火曜日

MLW:デイビー・リチャーズが語る復帰後のモチベーション「ジョシュ・バーネットとのトレーニングで本物のレスラーの系譜に覚醒した」

0 件のコメント :


 デイビー・リチャーズはレスリングに復帰以来、驚異的な仕事量を誇っている理由として3つ上げました。”アメリカン・ウルブス”は救急医としてのキャリアを追求するだけでなく、今週末のMLW Battle RiotⅣに向けUSAトゥディの取材を受けました。


彼は2022年、22の異なるプロモーションと仕事を行い、レッスルマニアウィークエンドには8試合も行いました。どのようにして彼はそれほど多くのことを処理して、失われた時間を取り戻しているのかと尋ねられました。


「自分が戻ってきたとき、誰が俺をリザーブするか分からなかった。『こいつは誰だ?』と思われる可能性もあった。俺が去った時には、俺のスタイルは全く流行っていなかったように感じ、俺は見たくもなかったから、全くプロレスを追ってなかった。学校に集中しなければいけなかったからな。」


驚いたことに、彼の人気はインディペンデントシーンで再燃し、最終的にMLWと契約しました。


「2つ目、俺は別の世代から来たと思う。だが、そこから飛び出してレスリングをするのは当たり前のことだ。それが俺たちの仕事だ。そして、3つ目、最も個人的なことだが、「もっとうまくなりたい」ということだ。(ジョシュ・)バーネットや他の選手と一緒にトレーニングをすることで、このビジネスにおける自分の位置づけが見えてきたんだ」


リチャーズはキャンバスの上で刃を研ぎ続けるために、より大きな動機づけがあることに気づいています。


「バーネットは、(カール・)ゴッチ、(ルー・)テーズ、ビル・ロビンソンや鈴木など、本物のレスラーの系譜を受け継いでいることに覚醒させてくれた。プロレスというスポーツはキャッチの時代から連なっている。だから、プロレスの血統やスポーツについてもっと学び、それを実践し、他の人達を刺激することができればと思うんだ。最近はレスリングがやりやすくなった。素晴らしいたいせない手がいるし、自分が本当に信じていることをやっているからな」


Wrestling Inc

0 件のコメント :

コメントを投稿