ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:アンドラーデらメキシコ人レスラーがForbidden Doorへの出場が出来ず!AAAとCMLLの確執が原因と明かす!!


 

ジェフ・ハーディーの飲酒運転逮捕と、ビンス・マクマホンのWWECEO辞任を巡るドラマの中で、アンドラーデ・エル・イドロの窮状が明らかになりました。仲間のルチャドールであるペンタ・オスクーロ、レイ・フェニックスは当初、AEW×NJPW Forbidden Doorのイベントに予約されていたにも関わらず、出演が取りやめになったことを明かしました。


TwitterでアンドラーデはAAAとCMLLを皮肉り、今回の件について語りました。このつぶやきは、その後、AAA上層部であるコナンとの会話に繋がりますが、AAAとのギャラに関するものは既に消去されています。


さらに金曜日、彼はAAAカラーコメンテーターとルチャリブレオンラインのヒューゴ・サビノヴィッチとともに、この状況を議論しました。インタビューの中でもともとこのイベントに参加する予定だったことを明かしています。


「私の問題はAEWにあるわけではありません。彼らは私がウィル・オスプレイと対戦するアイデアを持っていました。アイデアは、IWGP US王座を彼と争うことでした。」


アンドラーデは、正確な日付を言いませんでしたが、新日本で試合をすることから始まったと主張しましたが、この話題は、新日本とCMLLの提携により、AAAに所属するメキシコ人レスラーの出場が認められず、頓挫し、出場が不可能となったと知らされたと話しました。


AAAとCMLLは1992年にAAA結成以来対立しており、元CMLLレスラーでブッカーとして活躍したアントニオ・ペーニャがAAA立ち上げのために去り、同時に数人のトップスターを連れていったことから始まっています。アンドラーデは2007年から2015年までラ・ソンブラとしてCMLLで活躍、WWEに渡った以後、2021年にAEWに加入の後、数度AAAでの出場を行っています。


アンドラーデがイベントに出場できなくなったことで、AAAはオスプレイの対戦相手として、おれンジ・キャシディに注目しました。最近のオッズではオスプレイの勝利が有力視されています。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!