WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

Wrestling:カイリー・レイは2024年4月に復帰を予定、今年4月にイサイアス・ベラスケスとの間に子供が出来たことを発表



カイリー・レイはすでに正方形のリングへの復帰を計画しています。


カイリーは4月、パートナーのイサイアス・ベラスケスとの間に子供が生まれることを発表しました。The Wrestling Perspective Podcastのデニス・ファレルは、妊娠後の彼女のキャリアについて、彼女のキャリアに関するゲームプランがあるかどうか、そしてそれは彼女が望む場所であるかどうかを考えているか、カイリーに尋ねました。


カイリーは 「妊娠に関して言えば、これも初めての出産です。だから、2ヶ月の回復期間を撮影していたのは、ちょっと世間知らずだったと思います。半年くらいだと聞いています」 


7年のベテランである彼女は、今でも週に1回はトレーニングをしているといいます。


「まだレスリングをやりたいのはわかっている。私は今でも週に1回はトレーニングに行き、ウォーミングアップやできる訓練をしています。他の人とスポットやドリルをするとは限らないし、それは事故が起こりうるからだ;神は恐ろしいことが起こることを禁じている。私は自分のできることを絶対に制限していますし、腹がここまで出てくるとそれはもっと減るでしょうし、もう前に進むことはできません。私が一貫してトレーニングを信じているのは、何をしていても使わないと失うと思うからです。妊娠期間を通して、それが理にかなっているなら、あまり多くを失わないようにしています。私はそのセットドリフトにしがみついている。楽しみ、成長し、学び、努力し続けるだけでいいと思います。正しい間違いを言うのではなく、自分が犯した間違いから学びたい」 と語りました。


カイリーは1月にリングに復帰したいと考えているが、最近になって子供ができてから二か月では不可能であることを知り、2024年4月の復帰を希望している。


「未来は予測できない。何が起ころうと、私はまだレスリングを愛していることを知っているし、おそらくいつもそうするだろう。できる限り続けていきたいと思います。私は当初、1月にワーキングマッチに復帰したいと言っていたが、それは不可能だと聞いている。だから2024年4月に向けて調整しています。そしておそらく赤ちゃんはそこから何が起こるかに足を踏み入れるだろう」 


「言っていいのかわからないけど、私はちょっと、責任とは言いたくないけど、助けが必要なときや圧倒されたときに手を差し伸べるのがもっと上手にならないといけないと思っているんだ。だから、これからも続けていきたいことのひとつは、もし私が落ち込むような時期があったとしても、あることをきちんと続けていくことです。」


カイリーはまた、禁酒が進んだことについて話し、20ヶ月の禁酒であると述べた。


「私はこう言います。私は今20ヶ月以上筋腫をしていて、いつも本当にありがとうございます。これは私が人生を通して常に苦労してきたことであり、節制を続けてきたことです。隔週でセラピーに通っています。私もそれを続けています。助かりました。正直に言うと、これが1年前だったら、皆さんと電話をすることができたかどうかはわかりません。不安がどれだけ私に影響するかということです。これが進歩ですよね?だから毎日進歩するだけです」


コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明