Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ルビー・ソーホーが語るThe Outcastsへの参加「Riott Squadが出来たときと同じように、誰か他の人を必要としている時に私の人生に入り込んできた」


 

アウトキャストとオリジナルのライバル関係は、2023年のAEWテレビと女子部門で大きな役割を果たしました。ルビー・ソーホーは、AEWのペルソナに自分の足跡をつけたことでそれと自分自身との両者の板ばさみになり、より独創的な存在になったものの、最終的にソーホーはサラヤとトニ・ストームのアウトキャスト加入を支持しました。


ソーホーはSappenin'で、The Outcastsへの参加と別の3人グループの結成について話しました。


「最初は別の3人グループに入ることに非常に不安を感じていました。なぜなら、以前にもそうしていたし、生涯の友人もできたし、彼女たちのことをとても愛しているし、同じ経験をするかどうかもわからなかったからです。どちらのグループも、ちょうど必要な時に来てくれたことに気づきました。リヴ (リヴ・モーガン) やサラ (サラ・ローガン) と一緒に、誰か他の人を必要としているときに、同時に深いところに投げ込まれるようなことがあったんだ。誰もが同じことを感じていて、誰もが超新参者で超怖がっているので、みんなパニックになっています。サラヤとトニーと一緒に、もう一度レスリングを楽しみたいと本気で思っていた絶好のタイミングで、彼らは私の人生に入り込んできた。仕事を楽しみたかった。バックステージに来たら笑いたかった。リングに上がっている間、表のサラヤと真顔を保てない回数は信じられないほど多い。彼女は毎週私を壊している。彼女は表に出るとヒステリックだ。楽しみが多すぎる。2人とも完璧なタイミングで来てくれたし、キャリアを通して彼女たちに囲まれていたのはとても幸運だった」 


ソーホーは以前、リヴ・モーガン&サラ・ローガンと共にWWEのRiott Squadに所属していました。サラヤとトニーはAEW All Inで活動し、志田光、ブリット・ベイカーとAEW女子王座を賭けた4者対決を行う。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!