WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

新日本:大張社長、女子レスラーの参加に関して見解を明かす「いかなるレスラーも性別やその他に関係なく、リング上で公正な機会を与えられるべき」


 

NJPW代表取締役社長がNJPWの女性部門の成長についてコメントしました。


新日本プロレスは、Wrestle KingdomのイベントやNJPWとSTARDOMの共催イベントでSTARDOMの試合が行われたり、NJPW STRONGが独自の女子タイトルを持つなど、近年より多くの女子プロレスを番組に迎え入れてきました。

NJPWの大張社長は、マンスリープロレスの取材に対し、NJPWにおける女性の地位向上について語りました。


「日本のプロレスの多くの伝統は、大相撲に由来しています。日本の大相撲には女子力士はいません。その一方で、五輪参加者の男女比はほぼ5対5です。世界は変化し、変化の速度は指数関数的になった。男性のみのプロレスという時代遅れの考えには固執できない。プロレスは世界を映す鏡とよく言われます。すべてのレスラーとすべての試合は感謝されるべきであり、いかなるレスラーも性別やその他に関係なく、リング上で公正な機会を与えられるべきである。そのビジネス価値を最大化できるのであれば、その方がはるかに良いです。」 

 「これはまずアメリカで実現し、日本で実現すると思います。STARDOMがブシロードのグループ会社になってからの数年で、日本のプロレスファンの考え方は世界標準に近づいていると思います。初めて東京ドーム公演にSTARDOMのレスラーを参加させた際、ファンや社内外のパートナーから大きな批判を受けました。しかし今では当たり前のことになっています。」 


2022年11月、NJPWとSTARDOMは、番組のヘッドラインを飾るIWGP女子タイトル戦のために、KAIRI vs.岩谷と共にHistoric X-Overを共同プロモーションした。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について