ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

新日本:大張社長、女子レスラーの参加に関して見解を明かす「いかなるレスラーも性別やその他に関係なく、リング上で公正な機会を与えられるべき」


 

NJPW代表取締役社長がNJPWの女性部門の成長についてコメントしました。


新日本プロレスは、Wrestle KingdomのイベントやNJPWとSTARDOMの共催イベントでSTARDOMの試合が行われたり、NJPW STRONGが独自の女子タイトルを持つなど、近年より多くの女子プロレスを番組に迎え入れてきました。

NJPWの大張社長は、マンスリープロレスの取材に対し、NJPWにおける女性の地位向上について語りました。


「日本のプロレスの多くの伝統は、大相撲に由来しています。日本の大相撲には女子力士はいません。その一方で、五輪参加者の男女比はほぼ5対5です。世界は変化し、変化の速度は指数関数的になった。男性のみのプロレスという時代遅れの考えには固執できない。プロレスは世界を映す鏡とよく言われます。すべてのレスラーとすべての試合は感謝されるべきであり、いかなるレスラーも性別やその他に関係なく、リング上で公正な機会を与えられるべきである。そのビジネス価値を最大化できるのであれば、その方がはるかに良いです。」 

 「これはまずアメリカで実現し、日本で実現すると思います。STARDOMがブシロードのグループ会社になってからの数年で、日本のプロレスファンの考え方は世界標準に近づいていると思います。初めて東京ドーム公演にSTARDOMのレスラーを参加させた際、ファンや社内外のパートナーから大きな批判を受けました。しかし今では当たり前のことになっています。」 


2022年11月、NJPWとSTARDOMは、番組のヘッドラインを飾るIWGP女子タイトル戦のために、KAIRI vs.岩谷と共にHistoric X-Overを共同プロモーションした。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!