WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

WWE:ナタリア、NXTへの移籍についてステップダウンとは思わないと明かす、自身のキャリアにおける重要な試合にNXTでのシャーロット・フレアーとの試合を上げる。


 

ナタリアはNXTに行くことに問題はありません。


この数週間、多くのWWEロウやスマックダウンのタレントがNXTに登場しており、その中にはブロン・ブレイカーでタイトルを防衛したWWE世界ヘビー級チャンピオンのセス・ロリンズも含まれていました。ナタリアはNXTにも精通しており、2022年5月にはNXTブランドでコーラ・ジェイドと競合しました。


WrestleBingeのBill Apterから、NXTへの再進出を受け入れるかどうかを尋ねられたナタリアは、 「NXTへの進出を提示されたことがあるたびに、それをステップダウンとは見ない。私のキャリアの中で最も重要な試合の一つは、トリプルHからNXTに行ってシャーロット・フレアーという新人と一緒に仕事をしないかと誘われた時でした。2014年のことで、本当に、サウジアラビアでのレイシー (エヴァンス) との試合以外にも、2014年にシャーロットと行った試合が私のレッスルマニアの瞬間でした。この試合は自分のキャリアの中で最も特別な試合で、リングで自分にできることを示すことができただけでなく、誰も本当に知らなかったか、まだ誰も信じていなかった真新しい女性を相手に「これが彼女の能力ですが、私の能力を見てください。 」と言うことができたからです。シャーロットとのこの試合は、今日でもブレット・ハート対ロディ・パイパー、ブレット・ハート対ミスター・パーフェクト、カート・アングル対レイ・ミステリオのように語り継がれている歴史に残る試合の一つでした。シャーロットとの試合はとても特別で、それはNXTで起こった。私は去年、コーラ・ジェイドと凄いライバル関係にありました。ショーンは私がコーラと格闘するために降りてくることを望んでいた。NXTに行けて光栄です。

「この1週間、メインイベントに出演していました。誰かに「あ、メインイベントに出てるけど、RAWに出たくない? 」と言われましたが、当社には自分が上だと感じる領域はありません。メインイベント、NXT、スマックダウン、どんなクォーターであれ、WWEは特別です。私にとっては、自分の中で再建の段階を経るだけです。今はリア (リプリー) と競争している気すらしない。実際に自分と競争していると感じています。自分が大丈夫であることを自分に証明しなければならない。この種の話をすることが重要なのは、多くの場合、常に強くなければならないようにプログラムされ、条件づけられているからです。私たちは、自分たちが管理しているように見えなければならないし、トップであり、非常に多くの会社員でもある。ダミーで15年も持たなかった。私はまた、これが私のキャリアにとって落ち込んだ瞬間であり、再建する方法を見つけなければならないと認識するほど頭が良い」 


6月15日に放送された『WWE Main Event』で、ナタリヤはテーガン・ノックスを破った。


6月5日に放送された『WWE・ロウ』のマネー・イン・ザ・バンク予選で、ナタリアがゾーイ・スタークに敗れた試合をテレビで見たのが最後だった。月曜日の 「WWE Raw」 で、ナタリアは7月3日放送の 「WWE Raw」 でリア・リプリーに直接対決を挑んだ。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明