Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:ナタリア、NXTへの移籍についてステップダウンとは思わないと明かす、自身のキャリアにおける重要な試合にNXTでのシャーロット・フレアーとの試合を上げる。


 

ナタリアはNXTに行くことに問題はありません。


この数週間、多くのWWEロウやスマックダウンのタレントがNXTに登場しており、その中にはブロン・ブレイカーでタイトルを防衛したWWE世界ヘビー級チャンピオンのセス・ロリンズも含まれていました。ナタリアはNXTにも精通しており、2022年5月にはNXTブランドでコーラ・ジェイドと競合しました。


WrestleBingeのBill Apterから、NXTへの再進出を受け入れるかどうかを尋ねられたナタリアは、 「NXTへの進出を提示されたことがあるたびに、それをステップダウンとは見ない。私のキャリアの中で最も重要な試合の一つは、トリプルHからNXTに行ってシャーロット・フレアーという新人と一緒に仕事をしないかと誘われた時でした。2014年のことで、本当に、サウジアラビアでのレイシー (エヴァンス) との試合以外にも、2014年にシャーロットと行った試合が私のレッスルマニアの瞬間でした。この試合は自分のキャリアの中で最も特別な試合で、リングで自分にできることを示すことができただけでなく、誰も本当に知らなかったか、まだ誰も信じていなかった真新しい女性を相手に「これが彼女の能力ですが、私の能力を見てください。 」と言うことができたからです。シャーロットとのこの試合は、今日でもブレット・ハート対ロディ・パイパー、ブレット・ハート対ミスター・パーフェクト、カート・アングル対レイ・ミステリオのように語り継がれている歴史に残る試合の一つでした。シャーロットとの試合はとても特別で、それはNXTで起こった。私は去年、コーラ・ジェイドと凄いライバル関係にありました。ショーンは私がコーラと格闘するために降りてくることを望んでいた。NXTに行けて光栄です。

「この1週間、メインイベントに出演していました。誰かに「あ、メインイベントに出てるけど、RAWに出たくない? 」と言われましたが、当社には自分が上だと感じる領域はありません。メインイベント、NXT、スマックダウン、どんなクォーターであれ、WWEは特別です。私にとっては、自分の中で再建の段階を経るだけです。今はリア (リプリー) と競争している気すらしない。実際に自分と競争していると感じています。自分が大丈夫であることを自分に証明しなければならない。この種の話をすることが重要なのは、多くの場合、常に強くなければならないようにプログラムされ、条件づけられているからです。私たちは、自分たちが管理しているように見えなければならないし、トップであり、非常に多くの会社員でもある。ダミーで15年も持たなかった。私はまた、これが私のキャリアにとって落ち込んだ瞬間であり、再建する方法を見つけなければならないと認識するほど頭が良い」 


6月15日に放送された『WWE Main Event』で、ナタリヤはテーガン・ノックスを破った。


6月5日に放送された『WWE・ロウ』のマネー・イン・ザ・バンク予選で、ナタリアがゾーイ・スタークに敗れた試合をテレビで見たのが最後だった。月曜日の 「WWE Raw」 で、ナタリアは7月3日放送の 「WWE Raw」 でリア・リプリーに直接対決を挑んだ。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!