Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:ベイリーの中にはまだNXTのベビーフェイスの頃の感情が??The Bumpのインタビューで真相を明らかに。


 

ベイリーはここ数年、ヒールの仕事で多くの賞賛を得てきましたが、彼女の 「ハガー」 のギミックを楽しんだファンにとって、この話題はうれしい驚きかもしれません。ベイリーは最近の『The Bump』のインタビューで、自分の悪役の中にハッピーゴーラッキーな性格の要素がまだ残っていることを強調し、将来のある時点で時計を戻す予定であることを示唆しました。


「深いところにまだ私を突き動かし、押してくれる小さな部分がある。私の心の中には、年老いて不機嫌だからこそ、すべてに価値があると言う小さな部分があります。私を信じず、私を見ることもできず、私が必要なものを持っていないと思っているこれらの愚か者にとって、私はこの無意味なことのために年を取りすぎている」 


「だけど、あの古いNXTベイリーの小さな欠片がそこにあって、『大丈夫だよ、おい。それだけの価値はある。これが君の夢だ。続けて、10歳の時にやろうとしたことをやりなさい。』」


ベイリーの最終的な動機は変わらず、競争相手を昇格させ、彼女が見つけたよりも良い状態で業界を去ることです。多くの人は、WWE初の女子グランドスラムチャンピオンはすでに成功していると主張するでしょう。


34歳の彼女は2度目のマネー・イン・ザ・バンク優勝という形で、帽子にもう一つの羽を付けようとしています。7月1日、ベイリーとDamage CTRLの仲間であるイヨ・スカイは、ベッキー・リンチ、ゾーイ・スターク、ゼリーナ・ベガ、そしてまだ明かされない参加者と、このつかみどころのないブリーフケースを狙います。このブリーフケースを調達することで、6人の女性のうちの1人が、新たに考案されたWWE女子世界選手権とWWE女子世界選手権を追求できるようになります。


WRESTLING INC

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!