Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:イギリスでのPPV「All In」の翌週にシカゴでPPV「All Out」を開催するのは、アメリカでは3連休のため非常に価値があるとトニー・カーンが明かす。


 All Elite Wrestlingは今週の日曜日にイギリスのロンドンのウェンブリー・スタジアムでAll Inと共に最大級のペイ・パー・ビューを行うが、プロモーションはそこで終わりません。その次の週末はもう一つのペイ・パー・ビューのイベント、All Outが開催されます。All Outは9月3日にシカゴのユナイテッド・センターで行われます。


AEW社長のトニー・カーンはThe Hollywood Reporterのインタビューで、2つのペイ・パー・ビューを背中合わせにすることについて質問されました。カーンによると、イギリスは銀行の休日の週末であり、その1週間後には労働者の日のためにアメリカでは3連休になるため、すべては適切な日付のために起こったのだと語りました。CEOはまた、両方の 「ライブイベント資産」 は 「非常に価値がある」 と考えています。


カーンは 「イングランドでは銀行の休日の週末、シカゴではレイバーデーの週末、これは興行的に本当に価値のあるプロレスの資産で、諦めるつもりはなかった。そしてウェンブリー・ショーを予約したとき、シカゴにも『オール・アウト』を続けなければならないということがわかりました。シカゴには私が永遠に続けるという素晴らしい伝統があるからです」 


また、ライブイベントのチケットがどれだけ売れたか、そしてそれが売り上げを促進すると信じていることから、同社がペイ・パー・ビュー販売でうまくいくとどう感じているかにも言及しました。カーンはThe Hollywood Reporterに対し、AEWがAll Outイベントのチケット1万枚以上を販売したことを明らかにしました。もちろんAll Inは8万枚以上のチケットを販売し、9万件以上の前払いペイ・パー・ビュー注文を行っています。


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!