AEW:スウェルブ・ストリックランドが語るAEWでの活動への評価「AEWでの最初の3ヶ月間で、WWEでの最後の3年間のことはすべて完全に忘れてしまったよ。」


 

2021年末にWWEをリリースされたスワーブ・ストリックランドは、今年はじめのPPVでAEWと契約を結び、キース・リーとタッグを結成、7月にはAEW世界タッグ王座を獲得するまでに至りました。

過去に彼はWWEでの生活に不満があったとコメントしており、AEWではランク内で大きな取引になるように努力した方法について説明しました。


「LAへの旅行を計画したんだ、レスラーとしては行くことが出来なかったからね。どんなことが起きても対応できるように、豊富な準備をして挑まなきゃいけなかったんだ。2週間LAに行って、エンターテイメント関係者やプロデューサーに会って、文字通りLAでチームを作って、自分のポッドキャストや曲、その他のことをサポートしてもらった。契約したときは「入場の音楽はいらないよ、もう音楽はあるし、この人はグラミーを2度も獲ったんだから」って感じだった。彼も「あぁ、分かった、OKそれを使おう。クールだ」ってね。そうすると、今度は俺がこうやって出演して、グラミーにも行くし、あれにもこれにも参加するようになる、「そういえば、ケヴィン・ベイツがいるから、彼を連れて行こう」ってね。」



「AEWでの最初の3ヶ月間で、WWEでの最後の3年間のことはすべて完全に忘れてしまったよ。俺は何かを構築するために、その焦点とエネルギーとその憤慨のすべてをここに据えたんだ。今、7ヶ月、この会社にいて、どの会社よりも2022年、最高の買収だったことを疑う余地もなく信じているんだ。レスリングのリング上だけじゃない。あらゆる方法で俺を見ることが出来る、カメラがあれば、そこにいるつもりだ。歌があればラップもする。アーティストがいるならば、ここにいるつもりだ。どこにでも行きたい、こういう起用が後に大きな成功に繋がるんだ。」


Fightful


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???