WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:FTRが語るランキングの是非「「これは5つ星の試合でなければならない」といって試合を組み立てたことは一度もない。」


 

FTRは自分たちがベストだという自負があるから、ランキングなんて気にしません。彼らは現在、AAA、ROH、IWGPタッグチームタイトルを保持しています。そして、AEW,WWEの3つのブランドの全てで元王者です。当然、彼らは歴代の名コンビと並んでみられることも多いですが、こうした話は主観的なものです。


Mack Maniaに出演したウィーラーとハーウッドはランキングや誰が歴代最高かという議論は耳に入れているかという質問を受けました。ウィーラーはFTRがベストであると革新しているので、そうでないランキングやリストはあまり意味がないと明言しました。それよりも、プロレスを信じられるようにすることに集中する、ファンの応援は有り難いが、FTRの偉大さは揺るがないと述べました。

ウィーラー「俺たちが地球上で最高のタッグチームでないことを誰も俺に納得させることはできないだろう。だから、俺らがトップではないものは全て信用しないことにしている。称賛されるのは嬉しいし、自分の仕事を楽しんでもらえて感謝されるのは嬉しい。でも、結局のところ、どうやったら認めてもらえるかなんて考えながら試合に挑むことはないんだ。批評家にどう受け止めてもらえるかなんて考えない。俺が考えるのは、自分が何に関心を持ち、何を感じ、プロレスのリアリズムを可能な限り信じられるようにすることだ。それが俺の信条なんだ。だから、特に今、歴代ランキングの順位とかどういう議論に参加するのはクールで、誇りに思うべきことだけど、一日の終りに、俺達が絶対的なベストではないことを納得させることはできないだろう。」


ハーウッドは、もし彼らがランキングに注目しているなら、今頃、AEW世界タッグ王者になっているだろう、なぜなら4月からずっとランキング1位なのだからと指摘した。全体的に、仲間や尊敬する人たちからのポジティブなフィードバックが自分にとって重要であることを指摘した。

ハーウッド「ランキングを気にしていたら、今頃俺たちはタッグ王者になっているだろう。AEWでは4月からずっと1位なんだから、頼むよトニー、俺達に一泡吹かせてくれよ。俺たちが市場さいこうだとか、今最高だとか、史上最低だとかそういうのは全部主観で、それはそれでかっこいいんだけど。しかし、俺のための勝利は、ブレット・ハート、ランディ・オートン、またはエッジ、またはアーン・アンダーソンから俺にテキストが来て、「クソクラシックなことやりやがって」と言われることだ」

ウィーラー「今日、午後1時にアーン・アンダーソンから、緑色のテキストで、広告フリーのショーでブリスコスと対戦した試合をレビューする、なんて試合だ、お前たちが大好きだ、って来たんだ。誰も俺たちに教えてくれない、見ろよ、興奮してこの腕毛を」


ハーウッドは同様のエピソードで、先日のAEW Rampageでのクラウディオ・カスタニョーリとの一戦の後、ランディ・オートンからメールが来て、称賛してもらったかを明かしました。

ハーウッド「彼を困らせるかもしれないけど、まぁ、いいや。クラウディオとの試合の後、ランディ・オートンが俺とクラウディオにメールを送ってきて、あの試合がいかに素晴らしかったか、プロレスに欠けているものはなにか、セールについて話し始めて止まらなくなったんだ。彼はあの試合こそが欠けているものだと言っていた。あぁ、俺は称賛を受けるのが好きだし、ファンが俺たちのことを気にかけてくれて、愛してくれて、上位にランクインさせてくれるのが好きなんだ。でも、同業者や尊敬する人たちが称賛してくれるなら、それはとてもクールなことなんだ。」

ハーウッドはウィーラーと同じく、ファイブスターを獲得しようと思わないという。その代わり、試合中に何かを感じてもらうことに重点を置いている。

ハーウッド「キャッシュと同じように「これは5つ星の試合でなければならない」といって試合を組み立てたことは一度もない。一人の男性や女性の意見など全く気にしません。俺は大衆を気にしている。大衆にある種の感情を抱かせることが出来れば、それこそが俺たちの生きがいなんだ。」

Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について