WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:ケニー・オメガ、対立中のウィル・オスプレイへの強烈なメッセージ「自分の試合を過大評価している、その責任はデイブ・メルツァーのレーティングを壊してしまった俺にある」


 

ウィル・オスプレイとケニー・オメガの間には緊張状態が続いており、元AEW世界王者は敵の欠点について意見を述べました。


二人のスターは長い間反目しており、最近その対立が激化しています。先週のAEW Dynamiteでユナイテッド・エンパイアがですトライアングルを破り、AEW世界トリオトーナメントに進出した後、放送外で互いにマイクで罵り合いました。


スポーツ・イラストレイテッドのジャスティン・バラッソのインタビューで、ケニーはオスプレイとのライバル関係について語りました。彼は、互いが異なる方法でビジネス、そしてレスリング自体を見ていることを語りました。


「俺たちは2つの、非常に異なる方法でビジネスを見ている。試合の進め方も違うし、プロレスで何を残したいかも違う。2人ともどこへ行ってもトップパフォーマーになることを目指しているが、その方法が全く違う」


オスプレイを試したいのと同様に、新日本のスターも試したいと思っているはずだ、と続けました。現段階では、元AEW世界王者は自分がまだベストと渡り合えるか確認することを目的としています。まだ1試合しかしていないため、自分の立ち位置はわからないが、オスプレイにメッセージを送るために自分を追い込むつもりだとしました。


「ウィルとは緊張する場面もあるかもしれない。俺も試したいし、彼も試したいと思っているかもしれない。自分が本当に一流と渡り合える立場なのか試してみたいという気持ちもある。1試合だけ感触を確かめたけど特殊なシナリオだった。久しぶりにAEWに戻ってきて、世界のトップ・ルチャドール・レスラー3人と4面体のリングでレスリングをしたんだ。通常、AAAでトップ・ルチャドールをあいてにする時、俺は6面体のリングで試合をする……………俺の立ち位置は確定していないけど、あいつに負けないように、自分を追い込んでやる。ウィルに「お前はまだまだだ」とメッセージを送れるほどにね」


ケニーは、オスプレイがトップパフォーマーとして欠けているものはなにかという具体的な質問に対して、彼は間違った分別を持っていると述べ、彼の成熟度について指摘しました。試合の評価尺度は壊れており、オスプレイはあまりにもそれを重視していると強調しました。


「ウィルは間違った自己認識を持っている。デイブ・メルツァーのようなプロレス・メディアの連中に強化されたもので、自分の試合をほんの少し過大評価していると思う。俺はその責任を取ることが出来る、俺は(レーティングの)尺度を壊してしまった。それ以来、レーティングが散らばってる。試合の良し悪しを判断するのが難しくなって、格差が生まれてしまった。昔はレーティングシステムは権威のあるものだった。今は4つ星の試合を誇ればいいのか?5や6を誇ればいいのか?もし、ウィルが5点以上の試合をして、俺がその試合を見て楽しくなかったとしたら、俺はそういう試合をしたいと思うだろうか?」

「ウィルが5点以上を取るのは、年齢、経験、成熟度の現れだ。もし、あいつがもっと進化し、成長しなければならないところに焦点を当てれば、プロレスでなりたいものに近づけるだろう。本質的には、それは俺のことだ。あいつはまだ十分に近づいていない。そして、俺はまだここにいる。」


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について