Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ボビー・フィッシュ、怒りのCMパンク批判をぶちまける「CMパンクはマーシャルアーティストではない。観客の知性を侮辱している。」


 

ボビー・フィッシュはCMパンクに対し、対戦の正式な招待状を出しました。

NBC Sports Bostonの取材に答えたフィッシュは次のようなコメントを残しました。

「CMパンクはマーシャルアーティストではない。PPVに二度出場し、自分がマーシャルアーティストではないことを世界に知らしめた。あいつはプロレスラーだから、タックル、ドロップダウン、リープフロッグ、その他諸々、何でも有りだ。そのレーンでは、あえて言うなら、あいつは才能を持っている。しかし、格闘技となると、観客の知性を侮辱することになる。不信感を抱かせないような雰囲気を作るのは我々の役目なのに。正直、同僚や仲間の一人として侮辱していることになるんだよ。マーシャルアーティストとして、あいつは俺に自分の寝技を売り込み、宣伝しようって言うんだ。観客を侮辱し、俺を侮辱することになるんだ。AEWに雇われているんだ、給料をもらっている。フィル・ブルックスに肩入れしろって?そうやってきた。」

「興味深い話だが、あいつとの試合は少しだけ何でも有りだった。試合後のあいつは正直に最低だった。俺は格闘家として肩の力を抜いて戦った。なぜなら、全国放送のTVで、もし俺があいつのケツをハックしたいと思ったら、そうすることが出来たからだ。俺はジョン・ジョーンズやアンダーソン・シルバじゃないが、若い頃から格闘技をやって、あいつを昼寝させるぐらいには扱えるんだ。フィル・ブルックスよ、自分のミスを棚に上げてよくもまぁ…………後になってから屁理屈をこねるのはよくないし、ましてや俺を仕留めた技はあいつの技ですらない。KENTAの物だってプロレス通なら誰もが知ってる技をパクって名前も変えなかったんだ。つまり遡るんだ。挑戦じゃない。このビジネスに関して、ヤングバックスと組むなら、喜んでお引き受けしますよというフィルからの誘いだったんだ。俺はそこ(ALL OUTのバックステージ)にいなかったから、正確には何が起こったのか分からない。でも、もしカエルが好きなら、一緒にジャンプしてやろうか」

No DQ

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!