国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2020年2月6日木曜日

AEW:2.6 Dynamite 試合速報1 初登場の坂崎ユカに大歓声!!

0 件のコメント :

試合結果は前編と後編に分かれています。
後編はページ下部から進む事が出来ます。

▼今週もモクスリーが客席から登場

客席から現れたモクスリーに観客は大歓声。 PNPのオーティスはサンタナを伴って入場。さらに、ジェリコのテーマがヒット!入場ゲートに現れたジェリコはゲバラとヘイガーを連れて、解説席へ。

モクスリーはオーティスだけでなく、場外にいるサンタナの様子を警戒しながらのファイト。しかし圧倒してみせると、客席は大モクスリーコール。場外のサンタナへ椅子を抱えて威嚇。だが、隙をついたサンタナが足を払って流れを変える。オーティスは眼帯をつけている右から顔面を鉄柱に叩き付けていくと、モクスリーは動けなくなってしまう。客席から”オーティスサック”の大合唱。

リング中央、キャメルクラッチの体勢からモクスリーの顔面を腕でこすって痛めつけるオーティス。これを逃れたモクスリーはフィギュアフォーレッグロックに捉える。なんとか堪え、場外へ逃げたオーティスだったが、モクスリーはすぐさまトペ!!これはサンタナにヒットするも、飛びかかってきたオーティスも柵を飛び越えて観客席へ叩き込む。

強烈な場外へのコンヒーロで流れを変えたオーティスだったが、介入しようとエプロンに上がったサンタナと体がぶつかってしまう。この一瞬を逃さなかったモクスリーがパラダイムシフト!!これで試合を決める。ゴング後、サンタナが襲いかかるもパラダイムシフトで叩き返す。さらに、ジェリコから奪った車、フォードGTのキーをちらつかせると、その鍵部分が出た状態で握る。まるで自らにやられた仕返しとばかりにサンタナの目を突く。慌ててリングに飛び込むインナーサークル。客席でおどけてみせるモクスリー………

▼SCU vs ベストフレンズ

ベストフレンズは現在、ランキング5位。SCUは現在1位であり、ここで勝利すれば、ランキングが大きく変動する可能性がある。ベストフレンズはオレンジ・キャシディを連れて入場。キャシディは自分のグッズを持ち込むファンをイジり倒す。

トレントとカザリアンで開始、オーソドックスなレスリング、合間にチョップ合戦を交えて意地の張り合いを見せる。タッチしたチャッキーTとスカイは鮮やかな腕の取り合い。タックル合戦はチャッキーTに軍配。だが、キックのコンビネーションからのドロップキックでスカイが圧倒してみせる。

分断されたSCU、しかし、カザリアンの孤軍奮闘からスカイが介入し、場外での展開。両軍全員が場外でダウン。すると、やおら真ん中に立ったキャシディは何を思ったのか、ゆっくりと寝そべる。思わずその足を叩くチャッキーT。

トレントのバックアタックをコードブレイカーで切り返すカザリアン。タッチしたスカイがコーナーのチャッキーTを排除すると、トレントの背中を踏みつける。トレントはいつものコーナーで反転する動きに入るも着地した後に膝から崩れ落ちてしまう。反対コーナーに振られると、チャッキーTが加わりコンビネーション。一気にストロングゼロに持ち込もうとするも、スカイが場外からチャッキーTの足を掴んで阻止。反対にカザリアンが飛びついて、スカイがスワンダイブからのキック。合体式のヨシタニックボムで3カウント。

ゴング直後、ダークオーダーが全員に襲いかかる。オレンジ・キャシディに対し勧誘するそぶりを見せるがキャシディはポケットに手を入れ、マスクを受け取らない。クリストファー・ダニエルズがリングに滑り込むと、ダークオーダーは争わないそぶりですぐに去ってしまった。

▼ブリット・ベイカー vs 坂崎ユカ

マイクを握ったベイカーに対し送られるブーイング。坂崎の入場に、実況席のトニーも笑顔がかわいいとデレデレ。見た目からしてベビーフェイスの坂崎とヒールの色を強めるベイカーは非常に分かりやすい。

坂崎のロープ駆け上がり式のスプラッシュに大歓声。徹底的に顔面への攻撃を繰り返すベイカー。坂崎を捉えようとするが、ギリギリのところですり抜けるとクルスフィックスで丸め込んで3カウント。

収まらないベイカーはゴングで坂崎を殴り、ロープを噛ませてその背後へのストンプ。のたうち回る坂崎は口から血を吐くと、その手の中には割れた歯が。観客は心配な表情。ベイカーは不敵に笑う。

▼8メンタッグ

ブッチャー&ブレイド、ルチャ・ブラザーズ vs The ELITE

ブレイドに対して、タッグ王者ケニーとペイジでコンビネーションを見せるも、その後の流れではペイジが上手く入れない。相手チームは一気にリングからThe ELITEを叩き出すと、フェニックスはロープを一気に駆け上がりコーナートップから信じられない大きさのコンヒーロ!!客席から"Holy shit"の大合唱

ブッチャーがコーナーでニックをパワーで圧倒していく。パートナーのブレイドとタッチワークを交えながらニックを逃さない。さらにレフェリーのブラインドを突きながらルチャ・ブラザーズも介入して、ニックはなかなかコーナーに戻る事が出来ない。

だが、場外での攻防からこの窮地を脱したニック、マットへタッチし流れを変える。マットはリング内でロコモーションノーザンライト、介入してきたペンタゴンJrもまとめて投げる。場外ではローンファイトを強いられたニックを気遣うペイジ。ルチャ・ブラザーズに流れを奪われるも、満を持してリングインしたペイジが大爆発!!!飛び込んで来る敵を千切っては投げの大活躍、さらに場外への特大ムーンサルトで観客も爆発。

両軍入り乱れる展開、ペイジはケニーにタッチしようとするも、ブレイドが絶妙なタイミングでカット。ヤングバックスがエプロンに戻るが、ペイジは彼等にタッチしない。ここでペンタゴンJr.に捕まると、一気に攻め込まれ3カウント。

タッチしなかったペイジに対してヤングバックスは大激怒。ケニーが諌めるも収まらない。


試合後、トニーにインタビューを受けるケニーの前でタイタントロンにはバックステージでのコメント撮りをする里歩の元へ現れたPAC。襲撃したマイケル中澤の話をし、里歩にも襲いかかるかのようなそぶりを見せるが、あくまでケニーが目的だと残し去る。だが、里歩は直後、ナイラ・ローズに襲われテーブルへと叩き付けられる。

映像はさらに咳き込むダービー・アリンを映す。先週、インナーサークルに襲われ、突き立てたスケートボードへの度を叩き付けられた。かなり怒りを滲ませている。


【試合速報2へと続く】








https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW






0 件のコメント :

コメントを投稿