ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:The Rivivalドーソンのツイートにジョーイ・ジャネラが反応?


The Rivivalのスコット・ドーソンがTwitterにて『タッグチームレスリングはお金を生まない』という旨のツイートを残しました。NXTで3年の活動の後,デビュー戦でThe New Dayを破り、その後タッグ王座を獲得していますが、幾度となくブランド内での彼等の位置づけに対して意見をし、昨年はリリースを要求しましたが、受け入れられませんでした。




このツイートに対し、現在、AEWで活躍するジョーイ・ジャネラが『AEWだったら出来るけどね』とリプライをしています。AEWはDynamiteの開始時からタッグトーナメントを主軸に起き、現在もシングル、タッグの王座を巡る攻防は番組の一つの軸となっています。

これは団体旗揚げのタイミングから、The ELITEの面々がタッグレスリングの面白さが軽視されていることについて意見を繰り返し述べてきたことが反映をされており、先日もタッグにおけるタッチの重要性などかなり細かい注意がジェリコにもたらされたことが報告されています。

ドーソンがこのツイートに反応を示していませんが、生粋のタッグコンビであるThe Rivivalがどのような選択をするのか、注視する必要があります。

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!