Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:2.20 Dynamite 試合速報2 AEW初の金網戦!コーディーはウォードロー、MJFに勝てるのか


▼AEWタッグ王座戦 ルチャ・ブラザーズ vs ケニー、ペイジ

フェニックス、ペイジから開始、ペイジに飛びついたフェニックスだが、振りほどいたペイジのブート!さらにタッチしたケニーとキック、ブートとコタロークラッシャーの連携。王者組がタッチワークを活かして攻め入る。カミカゼからのコンビネーション、ペイジのシューティングスター、ケニーのムーンサルトが決まるが、介入しようとしたペンタゴンをペイジがコーナートップからの攻撃で排除。

しかし、ルチャ・ブラザーズもこれを切り返すと、コーナーダウンするケニーにコンビネーションでの串刺し攻撃を加えると、両足をフェニックスが固定した状態のところへペンタゴンが臀部へのミサイルキック。その後も、細かいタッチワークでケニーに攻撃を集中させる。執拗にペイジを挑発、介入しようとするペイジにレフェリーの注意が向くとロープを使ってダメージを蓄積する。

ペンタゴンの強烈なローキックでケニーの足が破壊される。しかし、飛び込んで来たフェニックスを剣山で迎撃。ペンタゴンを引き剥がすと、なんとかペイジにタッチ。ペイジは場外のフェニックスとまとめて攻撃して行く。

エプロンでペンタゴンと蹴り合うケニー。ペンタゴンの強烈なハイキックを食らうもニーを突き刺す!しかし、コーナートップからフェニックスの援護射撃!あわやエプロンでのパッケージパイルというところ、なんとか逃れるもフェニックスが場外へのヘッドシザーズホイップ。これを追いかけるようにペイジのムーンサルト!!!

お互いにコンビネーションを狙う中で、ペイジはケニーに誤爆してしまう。フェニックスが横回転を加えたプランチャで場外のペイジを襲う。だが、ケニーはこれを耐え切ると、フェニックスにタイガードライバー'91!さらに片翼の天使を狙うが、これはフェニックスが回避。ロープに走ったケニーにペイジが背中に触れてタッチ。フェニックスのキックを避けると、ペイジのクローズラインとケニーのVトリガーのサンドイッチ!!これで3カウント、ケニーとペイジが防衛。ヤングバックスがリングに上がり、ケニーを介抱するがペイジも反対からケニーの腕を引く。しかし、ペイジはリングを降りて、客席からビールを受け取ると、そのまま客席を通って帰ってしまう。

▼スティールケージマッチ

MJFが提示したシングルマッチを行うための条件の一つ、ウォードローとの金網戦。これがウォードローのAEW初めての試合となる。先週行われた条件の一つ、コーディーへの鞭打ちは非常に大きな反響を呼んだが、今週もメイン戦を前にゆっくりと降りて来る金網が異様な空気感を演出する。

ファーストタッチはコーディーのキック、だが、もっとやってみろとばかりのウォードローの表情。コーディーは高低差を活かした大きな動きで翻弄するが、強烈なクローズラインで動きを止めると、金網に衝突させる!!MJFは場外からウォードローを鼓舞、これにアーン・アンダーソンが詰め寄る。金網の衝突によりコーディーが額から流血。さらに、ウォードローは抱え上げると金網に向かってのパワーボム。コーディーの体がはずむ!

勢い余ってトップロープに足が掛かった状態で、金網とリングの間に挟まったコーディー。ウォードローはなんと金網自体を揺らしてコーディーを挟んで痛めつける。しかし、耐えたコーディーは滞空式のブレーンバスターからロープに飛びついてのカッター、コーナーに詰めるとナックルを振り下ろす。続けて攻撃しようとしたが、ウォードローは股間を蹴り上げて回避。

コーディーが叩き付けられた影響で金網の扉が開いてしまう。半身を乗り出した形になったところで、アーンとMJFが睨み合う。MJFが喚くと、アーンはその扉をMJFに叩き付け排除。リング内に戻ったコーディーはクローズラインを叩き付けるが、ウォードローは動じず。しかし、勢いをつけてのクローズラインで倒すと、ウォードローを金網に叩き込む。

MJFは金網の隙間からウォードローにAEWダイヤモンドリングを渡す。以前、MJFも試合中に指輪で殴り勝利を呼び込んだが、ウォードローに勝利を呼び込もうというのか。しかし、コーディーは正面からウォードローの股間を蹴り上げる!!さらに指輪を奪う。場外では叫ぶMJFが金網を登って介入しようとするが、これをブランディが椅子で撃ち落とす。怒り狂うMJFをアーンが客席に投げ飛ばすと、リング内のコーディーは指輪を奪ってウォードローを殴りつける!!!さらに、金網を登ると、5m級の金網の頂上からウォードローへムーンサルト!これで3カウント!!

入場ゲート前で驚嘆の表情を隠せないMJF、見下ろすコーディー。









https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW






コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!