AEW:キングダムのAEW侵攻、目的は遂行されなかったROH世界タッグ王座のリマッチ??当面はFTRらピナックル&サモア・ジョーとの全面戦争か。



Rampageにてキングダム (マット・テイヴン、マイク・ベネット、およびマリア・ケネリス)がAEWデビューを果たし、FTRに対戦を呼びかけました。


FTRとショーン・スピアーズは、ブライアン・ケージとゲイツ・オブ・アゴニーの3人に勝利しましたが、それを打ち破るようにキングダムが登場。ケネリスは自分の部下をトップと呼んでいた。彼らはキンダサムの後ろ盾でこの会社を築き上げた人物であり、以前はROHやIWGPタッグチームのチャンピオンだった。彼女のプロモーションはFTRとスピアーズの注意を長くそらし、ケージらエンバッシーが彼らを後ろから襲撃、最終的にはザ・キングダムも参加した。ショーはウォードローとサモア・ジョーがリングに上がりセーブして終了しました。

デビュー後のバックステージでのインタビューで、テイブンはROHタッグチームのタイトル戦でのリマッチが一度もなかったために参加したと語りました。彼とベネットはFinal Battle 2021でブリスコスにタイトルを奪われました。


2020年の再結成時からThe OGKとしてタッグを組んでいるテイブンとベネットは、年明けからインパクト・レスリングでレスリングをしていました。彼らは8月からインパクトタッグ王座を務めており、会社を去る前の先週末のImpactテレビ収録でヒース・スレイターとライノにタイトルを奪われていました。テイブン、ベネット、ケネリスは2015年にROHでキングダムを結成し、テイブンとベネットはROH世界タッグチームのタイトルを二度獲得しています。同年末にベネットがプロモーションを離れた後、ベネットのWWEからのリリースを受けてROHで再結成しました。


Wrestling observer

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???