ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

WWE:復帰のワイアットはスマックダウン所属の模様、ギャローズ、アンダーソンはロウに合流か


 

PWInsiderによると、ブレイ・ワイアットがスマックダウン所属になると明かしました。前述の通り、ワイアットは先週末のExtreme Rulesのイベントでスクリーンに復帰しました。ワイアットは2021年8月にリリースされて以来、会社を去っていました。


ワイアットが スマックダウンのリングに上がった最後は、2020年10月9日にケビン・オーエンスを破った時でした。リリース前のワイアットの最後の試合は、WrestleMania 37でのランディ・オートンとの対戦です。


PWinsiderはまた、カール・アンダーソンとドク・ギャローズがロウに割り当てられることにも言及しました。ギャローズとアンダーソンのチームとしてのロウでの最後の試合は、2020年1月27日のドリュー・マッキンタイアとのツーオンワンハンディキャップ戦でした。結局2人はマッキンタイヤに敗れました。


アンダーソンとギャローズは月曜夜にニューヨークのブルックリンで行われたロウに出演し、AJスタイルズと再会しました。リング上のコーナーでスタイルズはフィン・バロールに屈したように見え、ザ・ジャッジメント・デイに参加するふりをした。ギャローズとアンダーソンはスタイルズを助けて勝機を逃さずリングに駆け下り、グループを撃退しました。


2020年4月のリリース前の最後のWWE出演は、WrestleMania 36での事前収録されたBoneyard Matchで、The Undertakerとの対戦でスタイルズが敗れた際に助けようとしました。彼らがWWEを離れている間、アンダーソンとギャローズはインパクト、新日本プロレス、AEWでレスリングをした。アンダーソンは現在もNJPWのNEVER無差別級タイトルで王座を保持しています。


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!