MLW:デイビーボーイ・スミスJr.2年ぶりのMLW復帰、さらにビリントン・ブルドックスと新たなチーム結成を発表!!


 

メジャーリーグ・レスリング (Major League Wrestling) は、プロレスにおけるもう一つのファミリーの遺産を引き継いでいます。MLWは今週、2年ぶりに復帰するデイビーボーイ・スミスJr.の復帰を明らかにしたが、今回はスタンピード・レスリングと家族の絆を共有する2人のスターを連れてきます。MLWは木曜日、スミスの従兄弟であるビリントン・ブルドッグスも加わり、BOMAYEファイトクラブ(アレックス・ケイン、マイロン・リード、ミスター・トーマス)と対戦すると発表した。


ブルドッグスは、ダイナマイト・キッドこと故トム・ビリントンの2人の甥、トーマスとマーク・ビリントンで構成されています。MLW.comの発表によると、ブルドッグスはスミス・ジュニアとWWE殿堂入りしたブレット・ハートと共にトレーニングを行っています。


MLWのマッチメーカー、シーザー・デュラン (Cesar Duran) は発表の中で 「MLWはここ数年、レスリング界の偉大なファミリーをいくつか紹介してきた。今こそブルドッグスが注目を浴びる時だ。サウスフィリーのFIGHTLANDより良い場所はどこだろうか。」


スミスJr.とハート・ファミリーは、メジャー・リーグ・レスリングに強い歴史を持っています。2018年、スミスJr.はテディ・ハート、ブライアン・ピルマン・ジュニアと共にニュー・ハート財団の一員でした。この派閥は、現MLW世界チャンピオンのアレクサンダー・ハマーストーンとリチャード・ホリデイからなるMJFの派閥、ザ・ダイナスティと確執があったことで有名です。また、1948年にスチュ・ハートが最後に獲得したトロフィーであるオペラ・カップ・トーナメントもMLWに導入され、スミスJr.は2019年の決勝でピルマン・ジュニアと対戦し、大会初優勝を果たした。


マーシャルとロス・フォン・エリックは元MLW世界タッグチャンピオンであるため、ビリングトンはメジャーリーグ・レスリングの仲間入りを果たした最初のレガシー・タグ・チームではありません。

Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???