ROH:女子部門ブッキング担当マリア・ケネリスは戻ってくる?インパクトでの活動は終了し、チームはWWEに行く動きも……………

 


今年初め、AEWのトニー・カーンCEOがROHを買収した後、女子部門のブッキングを担当していたマリア・ケネリスと話したと報じられた。しかし、Fightfulの最新記事によると、ケネリスはカーンと話し合いをしたもののが、カーン自身がAEWとROHの選手ブッキングを続ける計画があるという。


ケネリスはWWAで彼女の独創性を発揮しています。元WWEトレーナーのアリソン・デンジャーとゲイビー・オーティスを"Busted Open Radio"からチームに引き抜きました。現在WWAがプロモートしている大スターは、 「AEW Dark」 でレスリング経験があり、サンダーローザのミッションプロレスリングで経験のあるクイーン・アミナタです。WWAは11月4日と5日にシカゴのバーウィンズ・イーグル・クラブで収録を行う予定しています。


また彼女は、ヴィンセント、彼女の夫マイケル・ベネット、そして派閥 「オナー・ノー・モア」 のメンバーだったマット・テイブンと共に、先週末のIMPACT「Bound For Glory」とそれに続くインパクトの収録でインパクト・レスリングでの活動を終えたと報道されています。彼女はオナー・ノーモアのヒールマネージャーだったが、時折インパクトの解説にも参加した。テイブンとベネットはImpactタッグチャンピオンでしたが、最近ベルトを落としました。テイブンはWWEから関心を集めていると伝えられており、オナー・ノー・モアのパートナーであるヴィンセントは先週月曜日の 「WWE Raw」 のバックステージにいたと報じられています。

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???