AEW:AEWと5年の契約を更新、やはりモクスリーのインディー参戦はこれにて一旦終了?「でも、インディペンデント・レスリングを応援するのが俺は好きなんだ。」


 

ジョン・モクスリーは今でもインディペンデント・シーンを愛しています。

モクスレーは10月7日、AEWと新たに5年間の契約を結び、舞台裏でもより多くの責任を負うことになりました。プレスリリースの一部として、モクスレーはAEWおよびNJPWのような国際的パートナーのためにのみ活動すると述べられました。この事から、これまで行われてきたインディーでの活動が制限されると見られています。


発表当時、モクスリーはGCW世界チャンピオンとして君臨していたが、翌日の夜、W・モリッシーとストークリー・ハサウェイが絡んだ試合でニック・ゲージにタイトルを奪われました。モクスリーはGCWに定期的に出演するだけでなく、DEFYやWrestling REVOLVERなど複数の会社で様々な単独のデートをこなしていました。


モクスリーはスポーツ・イラストレイテッドのジャスティン・バラッソに、独立したプロレス出演に関して、自身の立場を明確にした。

「参加したいことがあれば、実現する方法を見つけるつもりだ。家族とAEWと新日本がいるので、今はもっと厳しい。でも、インディペンデント・レスリングを応援するのが俺は好きなんだ。だから俺がいつ、どこに現れるか分からないぞ」 

モクスリーは現役のAEW世界チャンピオンであり、10月18日放送のAEWダイナマイトでハングマン・ページからタイトルを防衛することになっています。


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:アスカが久しぶりにその姿を見せる。欠場理由は歯の手術と腕の負傷?

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:メルツァー曰く、KUSHIDAは6月の「Dominion」で新日本復帰???