WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

AEW:トニー・ストームが明かすWWE離脱の真相、AEWでのデビュー、今後対戦したい相手は予想外のあのフリーエージェント??


 

トニー・ストームは2017年にメイ・ヤング・クラシックに出場したのをきっかけにWWEに加入、2018年に契約をし、NXT UKとNXTに出演、2021年にメインロスターに昇格しました。その後、スマックダウン女子王者シャーロット・フレアーとの抗争の最中、12月にWWEから離れることを決意しました。


90日間の競業避止義務を終え、3月30日のAEWデビューを果たしました。彼女はBusted Open Radioでその瞬間のことを語りました。



「その瞬間、本当に圧倒されました。本当に興奮したし、幸せだった。まるでキャリアの中で2回目のチャンスを与えられたような気分だった。WWEを去った時、どこかへ行くための準備もしてなかった。あまり深く考えずに、突然出ていってしまってそれ以外の人生の準備が全くできていなかったんです。トニー・カーンが手を差し伸べてくれて、私にジョブを、2度目のチャンスを、私の愛するプロレスをする機会を与えてくれたことに感謝しています。」


WWEでの生活で家が恋しくなったか聞かれ、彼女はこう答えました。


「なりましたね。2年半、まったく家に帰りませんでした。イギリスを出発し、7〜8年経過していました。WWEについて耳にする否定的な意見の多さを考慮に入れて。別にWWEに問題があるわけでは全然ないんです。そこで過ごした時間には本当に感謝していて、多くのことを学びました。とてもクールだった、けど、結局はリアルでクールではなかった。何かが起こって、私は去った。体外離脱したような気分だった。気が狂いそうになったことある?そんな感じ。何年も家族に会ってないストレスと、たくさんの圧倒されることが一度に起こったんです。以来、幸せです。」


WWE退団に関して何が起こったかを語る時、ストームは「私はただパニックになって家に帰りました」と告げた。12月28日のライブイベントに参加、29日もその予定だったものの退団することとなりました。


「自分には向いていないと悟る瞬間がありました。子供の頃はロマンチックに考えていたかもしれないし、自分の夢や達成しなければならないことと思っていた、けどどうではないのかもしれない、自分のための場所ではないのかもしれない、と気付いたんです。ここにいたいと思っている人の座を奪うなんて、私は何様?それはフェアじゃない。私はまだレスラーでいるつもりなんです。WWEの前に何年もプロレスをやっていて、それが好きでした。戻るべきは、愛するものだけ。それがどれだけ悪いことなのか?これ以上進む意味はないと思ったんです。悪い条件で辞めたわけではなくて、自分には向かない場所だということがはっきりしただけで。私はそこにいる全ての女性が大好きで、尊敬しています。彼女たちは素晴らしく、勤勉で、私にインスピレーションを与えてくれます。私の居場所ではなかったのです。」


また、AEWで対戦したい相手を聞かれると、予想外の答えが出てきました。


「オー・マイ・ガット、ティーガン・ノックスです。私のリストに上がります。素晴らしいスポットに値する人だと思う。彼女は私と同じようにビジネスを愛しているから、将来的にそれが見られたら、クールです、みんな知っている、何が起こるか分からない、それがプロレスです。」


ノックスは2021年11月にリリースされ、現在フリーエージェントであり、どこでも即座に働くことができます。




Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について