Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ブロディ・キングが語るハウス・オブ・ブラック、タッグプロレスについて「オレたちのようなタッグチームはおそらく歴史上、他にない。」


 

AEWスターでハウス・オブ・ブラックのメンバーであるブロディ・キングは、Wrestling Perspective Podcastに出演し、ハウス・オブ・ブラックやタッグ・プロレス全体について語りました。


彼はキャリアを通じて、異なるチームの一員となっています。ヴィラン・エンタープライズ、キング・オブ・ブラック・スローンズ、ハウス・オブ・ブラック。キングはチームに所属していることが幸せか聞かれました。


「俺はクロケット・カップ、NWAタッグ、ROH、PWGのタッグタイトルを獲得している。タッグレスラーなんだと思う。でも、俺自身は自分の中ではシングルレスラーなんだが、チームワークがすごくいいんだと思う。」


インディーでは、当時トミー・エンドとして知られていたマラカイ・ブラックとチームを組み、キング・オブ・ブラック・スローンズを結成。キングが初めてAEWに現れた時、すぐにタッグパートナーと再開しました。キング自身がハウス・オブ・ブラックの実現を望んでいたか聞かれました。


「非常に望んでいました。トム・マラカイがWWEからリリースされ、その可能性が高まると、これは本当にクールなことになるかもしれないと感じてました。オレたちのようなタッグチームはおそらく歴史上、他にない。タトゥーのあるレスラーはたくさんいても、俺たちみたいに入っているレスラーはいないだろ。」


「そして、明らかに俺たちのスタイルはすごく異なっている。しかし、お互いを補完し合っている。俺たちは実生活で喧嘩をした経験がたくさんある。だから、俺達には気概があるんだ。」


バディ・マシューズはハウス・オブ・ブラックの新メンバーです。WWE時代、バディ・マーフィーとして知られていた彼は、マラカイ・ブラックとの抗争で名を馳せました。この抗争でマラカイはトップに立ちます。キングはバディに対し、審美的で奇数だと語りました。


「彼の外見は、もし彼が普通の男のように見えたら少し別の意味で衝撃的だったかもしれない。しかし、彼は信じられないほどマッシブなんだ。彼みたいな肉体の男は他に知らない。ブライアン・ケイジとかも似てるが、今まで見たこともないような筋肉がついたマッシブで、いつだって全員を蹴散らしてしまいそうだ」


Wrestling Inc

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!