国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2021年2月5日金曜日

AEW:初めてAEWの女子部門を見る人に送るトーナメント参加者講座

0 件のコメント :

 



よもや本当に、日本vs世界のトーナメントになるとは思ってもいませんでした。本日公開されたAEW Dynamiteにて日本サイドとアメリカサイドに分かれ、女子選手によるシングルトーナメントが開催され、決勝はそれぞれの代表がアメリカで戦い、勝利者は現在、AEW女子王者である志田に挑戦できる権限が与えられます。

これまでにも、初代王者である里歩(今回はすでに渡米し、アメリカサイドのメンバーとして試合をすることが決定している)の他、さくらえみや東京女子プロレスの選手、ビー・プレストリーなど様々なコネクションを使って、日本でも活躍する選手がAEWに招聘されてきました。これには、AEWの女子部門を管轄するケニー・オメガの日本のジョシプロレスの独創性を世界に広めたいという考えが織り込まれています。

日本サイドには、アジャ・コング、坂崎ユカ、Veny(朱祟花)、さくらえみ、水波綾、駿河メイ、門倉凛、伊藤麻希というむしろ日本で普通に見たい人が集まった顔ぶれとなっています。


さて、日本の女子プロレスは追っているものの、他の国の女子選手の情報はなかなか見れていないという人のために、今回はアメリカサイドで登場する選手の解説をしたいと思います。

【Serena Deeb】


現NWA女子王者であるセリーナはキャリア15年のベテランであり、そのキャリアはWWEのディベロップ団体OVWから始まります。SHIMMERやTNAを渡り歩きながら、SMASHやWNC、JWPなどにも参戦経験があります。

WWE時代には、CMパンク率いるストレート・エッジ・ソサエティのメンバーとして、今はBullet Clubのメンバーとして知られたドク・ギャローズと共に活動していました。

2015年に訪日、REINAでの朱里戦をもって一度引退し、ヨガインストラクターになりますが、17年WWEで開催されたメイ・ヤング・クラシックに出場、WWEパフォーマンスセンターのコーチとなります。コロナの影響を受け、20年4月に解雇。AEWへとやってきた後、王者だったサンダー・ロサを破り、現在王者として君臨します。

キャリアが長いだけあって、これまでに対戦してきたメンバーにベス・フェニックス、ナタリア、アメージング・コング、ASUKA、ミッキー・ジェームスなど非常に多彩な名前が並びます。スタイルとしては、しっかりと受け切った上で一気に自分のパターンに持ち込むという安定した試合運びに定評があります。


【ブリット・ベイカー】


現役歯科医であり、WWEでのキャリアを持つ異色のレスラーであり、現在の彼氏はなんとアダム・コールというベイカーですが、インディーレスラーとしてキャリアをスタートさせました。

ROH女子王者の経験もありますが、試合は荒削りな部分もあり、AEWの女子部門の初期はなかなか評価を得れませんでしたが、ヒールにフェイスターンするとその高慢な態度と度々、反逆にあい滑稽な姿を晒してしまうことで評価を得ています。

鼻骨骨折から復帰以後、明らかに試合のテンポ、技の精度が上がっていることからAEWのコーチ陣から相当のトレーニングを受けたのが分かります。試合の中ではスリングブレイドやネックスクリューなどどこかで見た技を仕掛けてくる辺り、この世代のレスラーだなと感じさせてくれます。


【タイ・コンティ】


現在25歳のタイは、ブラジル出身であり、柔道黒帯、ブラジリアン柔術の青帯、ブラジル代表チームのトライアルにも参加、4度の国内準優勝を果たしているアスリートです。

レスリングのキャリアはWWEのNXTから始まり、カイリ・セインを始め、リア・リプリー、ヴァネッサ・ボーン、シェイナ・ベイズラー、ダコタ・カイなどとしのぎを削ってきましたが、コロナの影響により解雇。2020年よりAEWと契約をしています。

ブロンドヘアと大きな目ですごくアイドル然とした風貌ですが、試合が始まるとバックボーンを活かした豪快な一本背負い、飛びつき逆十字からの柔術式の足を使ったダブルアームなど目を見張るような技を繰り出します。WWEパフォーマンスセンターの中でも彼女がいた頃は様々なキャリア、格闘技経験者を迎えていたことから、それぞれの持っている個性、技をレスリングの動きの中でどう落とし込むのかが非常に熱心に練られたタイミングであり、彼女はそれを経験していると言えます。

 

【サンダー・ロサ】


メキシコ系アメリカ人のロサの特徴といえば、顔の半分に施された骸骨、メキシコを象徴するカラベラをモチーフにしたメイクです。しかし、彼女は同時に総合格闘家としての顔を持つ非常に面白いキャリアのレスラーです。

インディー団体でデビューした翌日には、訪日しスターダムに参戦。その後、ルチャ・アンダーグラウンドやROHを経て、2019年には東京女子プロレスにも参戦しています。NWAへ参戦した後、メキシコ出身のレスラーとして初めてNWA女子王座を奪取し、なんと現役の王者としてAEWに登場しました。

これはNWAがこのコロナ騒動が沈静化するまで一切のプロモーションを行わないと宣言をしたことから、契約していたレスラーは他団体での活動が許されたことによるイレギュラーでした。

外国人選手としては160cmと小柄なタイプですが、攻守ともに安定しており、NWA王者らしさを感じさせる盤石の強さを誇ります。

 

【ナイラ・ローズ】


彼女はAEW第二代女子王者であり、世界で初めて主要団体での女子王座を獲得したトランスジェンダーのレスラーです。現在、故エディ・ゲレロの妻であるヴィッキー・ゲレロをマネージャーに迎え、AEWのトップヒールとして君臨します。

ネイティブアメリカンを祖先に持ち、非常にパワフルなスタイルの彼女は、2012年にキャリアをスタートさせ、CPWやWOWなど様々なインディー団体の女子王座を獲得しながら、マーベラスやZERO1、WAVEなど日本の団体にも度々参戦してきました。

その恵まれた体格で繰り出す攻撃はやはり驚異的であり、初代王者の里歩を打ち倒した一戦は小柄な里歩との対比が彼女の凶暴性を顕著にしました。


【アナ・ジェイ】


22歳の新星は2019年にデビューし、翌年志田との一戦で敗れたもののAEWとのサインを勝ち取りました。タイ・コンティとのタッグでAEW女子タッグトーナメントに出場しましたが、破れてしまった彼女にヒール集団ダークオーダーが忍び寄り、彼女はすっかりヒールの道に染まってしまいました(と言いたいところだが、Being The Eliteではアホなダークオーダーメンバーによるお笑いシーンを小悪魔な笑みを浮かべながら、いつもソファの上に座り見下ろしてるアナが楽しめます)

志田の持つAEW女子王座に挑戦をしたり、これからの活躍が期待される選手の一人と言えます。AEW所属後は選手としても登場するQTマーシャルが指導に当たり、リング上での表現力がより豊かになっています。

 

【レイラ・ハーシュ】


2020年にスターダムに参戦していたことで、日本でも見たことがあるレイラですが、その体つきからも分かるように、とてつもないハードトレーニング好きです。元々は高校時代に勤しんだアマチュアレスリングがもとになっていますが、17年の高校卒業後、同9月にはCZWでデビューをしています。

動画にもあるようにAEWデビュー戦で女子王者の志田と対戦。序盤の寝技の攻防では志田を圧倒して見せ、打撃戦では真っ向勝負、ハードスキル、ハードヒットの顔を覗かせます。まだ大きな団体での経験は少ないものの、アメリカのファンの中には"次世代のカート・アングル"と評されるなど期待は大きいです。

 

 

 

このように、キャリア、出身、経験も様々な選手が揃ったアメリカサイドの紹介をいたしました。AEWはYoutubeでのDARK(1時間程度の無料番組)や今回、紹介したようにワンマッチでの試合もたくさん公開されています。彼女たち以外にも多くの若い女子選手、TNAやWWEを経験してやってきた選手が多くいます。個人的にはミア・イムとかはこっちで見たいのですが…

トーナメントの日程の詳細は明らかになっていませんが、おそらく一ヶ月近くかけて放送されると思われるので、楽しみに待ちましょう。


0 件のコメント :

コメントを投稿