国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2022年8月16日火曜日

STARDOM:海外メディア超ロングインタビュー、中野たむが明かすタイトルマッチ、最大のライバル、団体外で対戦したい相手「世界で一番カワイイのは………………」

0 件のコメント :


 

今週の日曜日、STARDOMのスペシャルPPV「STRADOM×STARDOM」が愛知県名古屋市ドルフィンズアリーナから生中継で行われます。5STARグランプリ真っ最中に開催されるこの大会は、STARDOMにとって今年1番のビッグショーになることは間違い無いでしょう。この週末は朱里が初代ワールド・オブ・スターダム王者である高橋奈七永を相手に防衛戦を行い、上谷沙弥がKAIRIを相手にワンダー・オブ・スターダム王座を懸けて戦うダブルメインイベントが開催される予定です。ダブルメインイベントは流石に大物揃いですが、それだけではありません。

第三試合では、FWC(葉月&コグマ)が中野たむ&なつぽいのCOSMIC ANGELSを相手にゴッデス・オブ・スターダム王座を防衛戦を行い、タッグチームマッチのクラシックとなる予感を漂わせています。この試合は、たむがなつぽいという新たなパートナーを得て、再びタッグ王座を追求する重要な一戦となります。


たむのキャリアをここまで追ってきたのならば、彼女がいかにユニークで特別なレスラー化キャリアを積んでから何年も経ってから知ったことでしょう。コズミックエンジェルスのリーダーは近年、スターダムの主要メンバーとしてプロレス界に足跡を残そうとしており、素晴らしいの一言に尽きます。2021年のワンダー・オブ・スターダム王座戦は、スターダムの歴史の中でも最も愛された王座の一つであり、タムは王座防衛の一つ一つにストーリーを持たせ、前回よりも大きな意味を持たせてきました。2021年12月の「STARDOM Dream Queendom」で上谷に王座を奪われたが、STARDOM×STARDOMや5STARグランプリで再び栄光を手にするチャンスを求めている彼女はSTARDOMのロースターの重要なメンバーであることは変わりはありません。STARDOMが発展していく中で、彼女が常に最前線にいることは間違いないのです。


Fightfulのスコット・エドワードは、STARDOM×STARDOMでの試合を前に、中野たむのインタビューを行い、タイトルマッチ、ワンダー・オブ・スターダム王座、最大のライバル、タムロード、STARDOM以外で対戦したい相手などについて語りました。


Q:STARDOM×STARDOMでは、なつぽい選手とタッグを組んで、FWCとゴッデス王座を争うことになりましたね。昨年までライバルだったなつぽいと組むことにどんな意味があるのでしょうか?


「去年のなーちゃんとの私の白のベルト、そして今年の二度目の対戦を得て、お互いの全てが曝け出されました。たむは試合になると、いつも自分の全てを出し切るという気持ちで戦っています。でも、なーちゃんほど試合に命をかけてもいいという人はそうそういません。なーちゃんもタムも変わらないと思うんです。私たちはユニークな存在です。運命のライバルとも言えるなーちゃんと組むのは、まだ少し違和感がありますが、全てを曝け出して戦うライバルなので、お互いの長所を最大限に活かせる仲間になれると思います。」


Q:過去に違う相手と何度も挑戦しているにも関わらず、ゴッデス王座で勝利したことがないんですよね。長い歴史となつぽいとの関係から今回は最高のチャンスだと思いますか?


「私はいつも今が最高のチャンスだと思っています。(岩谷)麻優さんや星輝ありさと一緒に挑戦できる絶好のチャンスだったのですが、そのチャンスを掴むことはできませんでした。ゴッデスのベルトはたむにとってトラウマのベルトなんです。そのトラウマを乗り越えなければ、これ以上先に進めない。なーちゃんと一緒にトラウマを乗り越えれば、きっと未来に向けた革命が起こせる。私はそう信じています。」


Q:ワンダー・オブ・スターダム王座を振り返って、思い通りの展開でしたか?また、これまでの王座と比較しますか?


「タムロードはまさに私にしか作れないチャンピオンロードでした。クレイジなー挑戦者たちを相手に、呪われたような熱い防衛戦を繰り広げたと自負しています。全てが思い通りにいくわけでもなく、相手によっては決着がつかないこともありました。本当はもっともっと長くそのベルトを持ちたかった。でも、果たせなかった夢や約束があったからこそ、またこのリングで人生の全てを賭けて戦うことができるのです。その夢や約束を全て果たした時、私はリングから身を引くつもりです。」


Q:ジュリアはあなたのキャリアにとって、とても重要な存在になっています。彼女がスターダムの扉を開けた時から、あなたたちはライバルだったわけです。今までのことを考えると、彼女を最大のライバルと呼べるでしょうか?


「ジュリアと戦った日々は、たむのプロレス人生の中で最も大きなものだと言っても過言ではないでしょう。ジュリアがいたからこそ、今のたむがある。ジュリアと戦った日々は、いつも顔が腫れて、悔しくて、苦しくて、でも、その日々が私を強くしてくれました。最近、あの脳を揺さぶるような刺激的なビンタが少し恋しくなってきました。ジュリアもそうでしょ?」


Q:先日、ワールド王座に挑戦し、朱里に惜しくも破れましたが、勝てば再挑戦できる5STARグランプリにも出場しています。ゴッデスは現在の目標ですが、赤のベルトは今後のキャリアの最終目標であり続けるのでしょうか?


「もちろん赤のベルトを諦めたわけではありません。朱里の朱の世界を終わらせるのは中野たむ以外にはいません。先日のタイトルマッチでより一層ナンバーワンベルトが欲しくなりました。5STARグランプリで朱里からピンフォールを奪って年内に必ず再挑戦します。ゴッデスと赤いベルトの2冠を達成しますし、まだ言えない革命のビジョンがもう1個あるんです。ぜひ、楽しみにしていてください。」


Q:COLOR'Sがコズミックエンジェルスと連合してからどのように活動していますか?


「COLOR'Sとは同盟グループを組んでいます。先日、初めての交流会を予定していたのですが、体調を崩した人が出てしまって延期しました。SAKIを子分にしたいというウナギ(・サヤカ)ですが、彼女なりのコミュニケーションで、連合軍にも良いムードを作ってくれています。連合軍の連携技やタッグのフォーメーションは今後も要注目です。」


Q:岩谷麻優はあなたのキャリアに多くの影響を与えました。あなたがSTARSを離れたとき、その姿を見るのは辛かったと思います。今、彼女とリング上で並んでいるわけではありませんが、どのような存在ですか?


「麻優さんは私がいつか超えなければいけない存在です。たむは岩谷麻優を超えるためにコズミック・エンジェルスを作ったのです。確かに、その意味を果たさなければいけません。昨年の白のベルトでの試合も30分引き分けで決着がつきませんでした。麻優さんとは地獄の果てまで戦うかもしれないと思うと同時に、もしかしたら私が岩谷麻優を超えるとき、また彼女の隣に立つかもしれません。」


Q:スターダムの新しいファンの多くは、あなたが大江戸隊に所属していた頃のことをあまり知らないかもしれませんね。大江戸隊を退団させられたことを振り返ると、それはあなたをどれだけ追い詰めましたか?


「大江戸隊にいた期間はとても短く、怪我で欠場しても、マネージャーとして常にセコンドについていました。たむは当時、大江戸隊をとても愛していたので、強制的に除名させられた時は、本当に心が引き裂かれる思いでした。

除名された後は、全然勝てないし、プロレスも何もかもがうまく行かず、絶望の淵に立たされたこともありました。でも、その辛い経験を乗り越えたからこそ、弱い人の気持ちに寄り添えるようになり、今、たくさんの夢を叶えることができるプロレスラーになれたのだと信じています。あの時、手を差し伸べてくれた麻優さんには本当に感謝しています。」


Q:あなたはストーリーテラーです。Twitterで相手とのストーリーを詳しく話していても、試合をしていても、まるで物語を見ているような気分にさせる特徴があります。全ての試合で誰もやらないことをやるのが、あなたのプロレスのスタイルだと思うのですが、いかがでしょうか?


「プロレスとは人生です。

たむにとって、私の人生の全てがこのリングで起きているように感じられます。このリングが私の人生です。私の人生の目的は、たむの人生の物語を、私を通してファンの皆さんに生きていただくことです。」


Q:これまでのキャリアの中で、最も誇りに思う試合は?


「2022年6月26日、名古屋国際会議場

中野たむvsなつぽい スティールケージマッチ」


Q:プロレスラーを目指す人に一言お願いします。


「このリングは、あなたの夢をすべて叶えてくれる最高の場所です。

自分の欠点が長所になり、苦しみが強さになり、悲しみが幸せになる。自分の制限をかける必要はないのです。

夢を叶えるのに、遅すぎるということはないのです。

ようこそ、夢の世界へ。」


Q:これまであなたをより良い選手に、あなたを成長させてくれた過去の人物を何人か紹介してきました。あなたのレスラーとしての歩みを最も助けたくれたのは、誰ですか?


「麻優さんにはプロレスの素晴らしさを教えていただきました。

星輝ありさには、夢を諦めない粘り強さを教えてもらいました。

コズミック・エンジェルスの仲間は、仲間をおもう心の強さを与えてくれました。

最高のライバルと仲間に恵まれ、たむは多くの夢を叶えることができた。

しかし、ジュリアと戦った日々は、たむにプロレスラーとして、そして、人としての真の強さを与えてくれた。ジュリアとはきっと人生の最後まで永遠のライバルであり続けるんだと思います。」


Q:先日スターダムと新日本プロレスからIWGP女子王座が発表されました。NJPW×STARDOMの初イベントで初代IWGP女子王者になることは、あなたにとってどのような意味を持つのでしょうか?


「スターダムのプロレスを世界に広めることは、たむのプロレスラーとして夢の一つです。スターダムのトップベルトはワールド・オブ・スターダム、ワンダー・オブ・スターダムに変わりませんが、たむがIWGP女子王者になったらこのベルトをスターダムのTHEアイコンベルトにします。世界中で防衛し、スターダムの新しく美しいプロレスを世界に発信するチャンピオンになります。そして、海外の選手をコズミック・エンジェルスに迎え入れる環境も作っていきたいと思います。」


Q:STARDOM in ShowcaseやNEW BLOODを通じて、スターダムはほかのおおくのプロモーションと提携しています。スターダム以外で対戦してみたいレスラーを一人挙げることができますか?


「世界で一番カワイイのは、伊藤麻希とか」


Q:最後に、世界中からあなたを見て、応援している海外のファンにメッセージをお願いします。


「中野たむを見つけてくれてありがとうございます。皆さんの気持ちと夢を背負って、私はこれからも戦っていきます。一緒に果てしない夢を叶えましょう。たむを信じて!」


Fightful

0 件のコメント :

コメントを投稿