ROH:7.26PPV「Death Before Dishonor」の女子王座戦2試合が発表!アテナvsアミナタ、スタークスvsベルベット、手負いの世界王者アテナは防衛することが出来るのか。

イメージ
7月26日金曜日に開催されるROH Death Before Dishonorで行われる2つのタイトルマッチが発表されました。 女子世界チャンピオンのアテナは、クイーン・アミナタを相手にタイトルを防衛することになりました。この試合は木曜日のROHで発表されました。アテナは5月から活動を休止しており、リング上での欠場はストーリー上の負傷が原因とされています。女子世界チャンピオンは5月の最後の試合で怪我の恐怖に苦しみましたが、それはストーリーの中で誇張されています。 アテナの「手先」ビリー・スタークスもDeath Before Dishonorでタイトルを防衛します。PPVでレッド・ベルベッドを相手にROH Women's TV 王座の防衛戦を行います。 木曜日の放送では、リー・モリアーティーがROH Pure Championship Proving Groundの試合でウィーラー・ユータとタイムリミットで引き分けたので、チャンピオンシップへのチャンスを手に入れましたが、まだPPVでは公式に発表されていません。 Wrestling Observer 

AEW:元WWEクルーザー級王者トニー・ニーズが明かすブライアン・ダニエルソン205Live参戦の噂、AEWでこの続きは観れるのか??



現在、AEWで活躍するトニー・ニーズは"WWE 205 Live"のトップネームの一人でしたが、クルーザー級部門はなかなかプッシュを得ることが出来ませんでした。元クルーザー級チャンピオンが自らのキャリアを鑑みると、様々な男の名前が上がってきました。

「間違いなくノーム・ダール(現NXT UK)との試合は、ストリートファイトのようだった、とても楽しかった。セドリック(・アレキサンダー)とは何度も試合をしたけど、多分レッスルマニアに出るためにやった試合だったが、あれも素晴らしいものだ。バディ・マーフィー(現在・マシューズ、AEW所属)とのレッスルマニアの後にやった試合も絶対に好きな試合だ、試合内容だけじゃなくて色々な理由がある。あの週末、全てのファンに見てもらう最後の試合だったけど、それでもよい反応が得られたから、特別な感じがするんだ。」

"WWE 205 Live"はファンが長期的に期待するような注目を集めなかったものの、ショーを盛り上げるためのアイデアが投じられなかったというわけではありません。ニーズは当時、ブライアン・ダニエルソンがクルーザー級での戦いを所望していたと明かし、他のロースターと試合をしようとしていたことを明かしました。

「彼は(ムスタファ・)アリを呼んできて試合をさせたりしてたけど、こちら側に足を踏み入れてるようなもので、「よーし、あんたもこっち側だ」って感じだった。実際に彼は来たがってた。205でキラーマッチをするために有名人を呼んだり、いつもいろんなことをしていた。一度、ブライアン・ダニエルソンともしてみたかったし、それだけで梯子をかけれるわけじゃないけど、でも、それは間違いなく目前だったし、絶対に素晴らしいことだったんだ。」

コメント

このブログの人気の投稿

里歩を巡る数奇な状況について

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!