国内、海外問わず気になったプロレスニュースをお届けします

Powered by Blogger.

2022年8月1日月曜日

WWE:負傷欠場中のビッグEがトライアウト審査に参加、トリプルH下の新体制に自信と興奮を見せる。「この経営は多くの人々を興奮させている、エキサイティングな時期だと思う。」

0 件のコメント :


 

ビッグEはトリプルHの元で、WWEに何が起きるか見ることができることに興奮しています。彼は現在、首の骨折で休養しており、レスリングに復帰出来る可能性があるか再び評価されるのは来年3月行こうと言われています。しかし、常に忙しくしており、最近はテネシー州ナッシュビルで行われたサマースラムのトライアウトに参加したそうです。


トリプルHの元で、WWEが取ることができる新しい方向性について話しました。


「たくさんあるよ、電話でそれについて話したい人が殺到したんだ。ボスとしてのハンターとの経験を話すと、NXTで感じた、信じられない程の創造的な心を持っている人だ。彼と意気投合したタレントは山ほどいるはずだ。この会社の歴史における次の時期、そしてこの経営は多くの人々を興奮させている、エキサイティングな時期だと思う。だから、物事がどのように展開するか興味津々だ。きっといいものになる。ファンのみんなも、これで火がつくと思うし、一度ファンになった人も、もう一度見てくれるだろうし、すでにファンの人もこれからの展開に期待してくれると思います。」


EはトリプルHから連絡がありトライアウトに参加したこと、彼がどのようにこれらの大学選手と関わっているのかについて触れました。


「トリプルHは電話をかけてきて、何かやりたいことはないかと聞いてきたんだ。プレッシャーはなかった。『もしテレビから離れたいなら少し離れていていい、理解するよ』と言われたんだ、でも、この言葉が響いたのはトライアウトの平均が23歳だと言われたからなんだ、俺は23歳で契約した。みんな大学生アスリートだ、2009年、俺も同じ立場で、突然それが終わって「さぁ、どうする?自分の時間と人生の多くをスポーツに捧げ、食事も睡眠もトレーニングも、突然無くなってしまった」プロレスに救われ、WWEに救われ、欲望を注ぎ込むものがあったんだ。ジェームスとはラスベガスでNILの活動をしたこともあって、すでにとても良い関係を築いていたし、ちょっとしたカンファレンスでもそのことについて話してもらった。若いアスリートたちが自分のスポーツを終えて、さてどうしようかと悩んでいる姿に共鳴したのです。自分の経験を活かし、何かできることがあれば、ぜひ参加したいと思います。」


Fightful

0 件のコメント :

コメントを投稿