WWE:元MLWレスラー、ランス・アノアイがタマ・トンガについて語る「ハクは俺達のおじさんでタマは俺達のファミリーだ。一人ぼっちのジェイを助けることも出来る」

イメージ
  アノアイ家はTama Tongaを自分たちのものと考えている。 本誌のデイブ・メルツァーが昨日報じたところによると、トンガはWWEに向かっており、一部のファンは彼が到着したときにThe Bloodlineに参加する可能性があるのではないかと考えています。 今月初めのレッスルマニア40の記者会見で披露された 「ザ・ロック」 の家系図にはトンガは登場しなかったが、ハク (トンガ・フィフィフィタ) と彼の息子たちは王朝の一部と考えられています。 元MLWのレスラー、ランス・アノアイは最近、スティーブ・フォールとトンガ、兄弟、父親との家族関係について話しました。 アノアイ氏は次のように述べている。 「ハクは俺達のおじさんだよ。彼を尊敬しています。島の文化に似ていると思います。みんな南太平洋から来たんだ。だから島民は1つの品種のように人間をくっつけているだけなんです。でもね、タマトンガの成長を見たんだ。私は日本にいる間彼らと遊んだ。私たちのスケジュールが合って夕食を食べることを祝福したときはいつでも。そこにはいつも愛がある。本当かどうかは知らないけど。タマトンガがサインしたとネットで読んでいます。彼がそうしたなら、彼のために良いことだ、十分に値すると思う。」 アノアイ氏は引き続き、トンガがRawでジェイ・ウーソと連携することを望んでいると述べた。 「ジェイはひとりぼっちだ。タマは家族だと思っています。だから、ジェイは助けを借りられると思う。特にソロとジミーが壁を乗り越えてジェイを攻撃し続けているのを知っているときに、私はレッスルマニアの試合を信じているので、うまくいけばセットアップ。それが私たちが望んでいることです。」 2人の間に血縁関係がないにもかかわらず、ロックは長い間ハクのことをおじさんと呼んできた。2015年、彼は 「トンガおじさん」 にトラックをプレゼントしています。 トンガと弟のタンガ・ロアは、ゲリラズ・オブ・ディスティニーとしてNJPWで7回のIWGPタッグ王者です。トンガがバレットクラブから追い出された後、グループは現在、ロア、ヒクレオ、邪道、ELPで構成されています。ヒクレオとELPは現在のストロングオープンウェイトタッグ王者です。 ランスは10月にMLWから釈放されました。彼は以前のインタビューで、解雇を求めた理由の一部は、WWEの番組で家族と一緒にい

WWE:負傷欠場中のビッグEがトライアウト審査に参加、トリプルH下の新体制に自信と興奮を見せる。「この経営は多くの人々を興奮させている、エキサイティングな時期だと思う。」


 

ビッグEはトリプルHの元で、WWEに何が起きるか見ることができることに興奮しています。彼は現在、首の骨折で休養しており、レスリングに復帰出来る可能性があるか再び評価されるのは来年3月行こうと言われています。しかし、常に忙しくしており、最近はテネシー州ナッシュビルで行われたサマースラムのトライアウトに参加したそうです。


トリプルHの元で、WWEが取ることができる新しい方向性について話しました。


「たくさんあるよ、電話でそれについて話したい人が殺到したんだ。ボスとしてのハンターとの経験を話すと、NXTで感じた、信じられない程の創造的な心を持っている人だ。彼と意気投合したタレントは山ほどいるはずだ。この会社の歴史における次の時期、そしてこの経営は多くの人々を興奮させている、エキサイティングな時期だと思う。だから、物事がどのように展開するか興味津々だ。きっといいものになる。ファンのみんなも、これで火がつくと思うし、一度ファンになった人も、もう一度見てくれるだろうし、すでにファンの人もこれからの展開に期待してくれると思います。」


EはトリプルHから連絡がありトライアウトに参加したこと、彼がどのようにこれらの大学選手と関わっているのかについて触れました。


「トリプルHは電話をかけてきて、何かやりたいことはないかと聞いてきたんだ。プレッシャーはなかった。『もしテレビから離れたいなら少し離れていていい、理解するよ』と言われたんだ、でも、この言葉が響いたのはトライアウトの平均が23歳だと言われたからなんだ、俺は23歳で契約した。みんな大学生アスリートだ、2009年、俺も同じ立場で、突然それが終わって「さぁ、どうする?自分の時間と人生の多くをスポーツに捧げ、食事も睡眠もトレーニングも、突然無くなってしまった」プロレスに救われ、WWEに救われ、欲望を注ぎ込むものがあったんだ。ジェームスとはラスベガスでNILの活動をしたこともあって、すでにとても良い関係を築いていたし、ちょっとしたカンファレンスでもそのことについて話してもらった。若いアスリートたちが自分のスポーツを終えて、さてどうしようかと悩んでいる姿に共鳴したのです。自分の経験を活かし、何かできることがあれば、ぜひ参加したいと思います。」


Fightful

コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

里歩を巡る数奇な状況について