Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

WWE:早速漏れ出るビンス体制への不満?RAWで放送ギリギリにRAW女子王座の試合がキャンセルになったか。


 

WrestleMania終了後の月曜日に放送された 「WWE Raw」 は視聴者から大酷評されたが、WWEのタレントたちも同じように感じていたようです。ビンスが再び責任者となり、番組の放送に合わせて変更が行われていることを示唆する報道と放送外の映像の両方から推測するに、これは必ずしも驚くべきことではありませんが、火曜日の午後、Fightful Selectはその詳細についての新しいレポートを発表しました。


この記事によると、数ヶ月間はタレントの契約があることが保証されており、エンデバーによるWWE買収の発表の後、マクマホンは会社に戻って仕事をしているにもかかわらずクリエイティブな仕事には参加せず、ポール・"トリプルH"・レベスクが引き続きエントランスセットの後ろにある 「ゴリラ・ポジション」 で番組を制作することになるとのことです。しかし、月曜日、マクマホンは明らかに物事を進めており、 「ゴリラ」 を引き継いで、ショーの間に変更を加えただけでなく、レッスルマニアの週末にすべてのWWEのショーでなんらかの仕事をしていました。これは、数時間前に放送されたCNBCのインタビューで、マクマホンが創作プロセスに入ることはないと発言した後のことです。


番組の変更は、午後6時のタレント会議の後に始まり、2時間後には 「Raw」 が開始されたが、これはレベスク政権下では以前になかったような遅い時期の変更でした。「RAW」 女子王座の次期挑戦者を決める試合は遅れて削除され、代わりにWWE女子タッグタイトルの最有力候補を決める試合が行われ、ベイリーはリングサイドでの役割から外されました。Fightful Selectは 「登録女性の何人かが調整に不満を募らせた」 と指摘しています。


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!