Sukeban:WWE社長ニック・カーンがSukebanでスカウト??ブル中野が語るSukebanの未来、自身の立ち位置とは

イメージ
ブル中野はスポーツイラストレイテッドの取材に応えました。数年前肝臓の病で入院した後、余暇をゴルフに費やし、プロレスにはスケバンコミッショナーとして華々しく復帰しました。なお、新しいプロモーションは無限の可能性に満ちており、先日WWEのニック・カーン社長にスカウトされました。 「私は2023年にスケバンのコミッショナーに任命されました。スケバンの醍醐味は、日本独自の文化の過去、現在、未来をリング上で見ることができることです。何十年も前のスケバン生活を認め、ベテランのレスラーと若手レスラーが一緒になって最高のショーをするのが好きです。」 彼女は今、スケバンで重要な役割を果たしています。 「今活躍している選手をとても誇りに思い、応援しています。私の好きなレスラー、一番気になるレスラーはスケバンのレスラーばかりです。私は彼らを私の子供のように考えている」。 スケバンの最新のショーは5月末に行われました。日本の女子プロレスリーグがロサンゼルスでデビューし、5試合のカードが YouTube で公開されています。メインイベントでは、スケバン世界チャンピオンのコマンダーナカジマ選手が、中野が見守る中、クラッシュ・ユウ選手を相手にタイトル防衛に成功しました。 「スケバンレスラーには無限の可能性を感じます。若くて才能のある力士がたくさんいます。今後もスケバンがどこまで行くのか、コミッショナーとして見守っていきたいと思います。」 Sports illustrated

AEW:ジェイ・ホワイト契約の裏側!トリプルHとウィリアム・リーガルは獲得に興味、WWEはクリエイティブプランも作成されていた??


 

水曜日の夜の 「AEWダイナマイト」 の前に、ジェイ・ホワイトは間違いなくプロレス市場で最も切望されたフリーエージェントでした。これで 「スイッチブレード」 がオールエリートであることが分かり、その過程でWWEが彼を逃したと報じられました。Fightful Selectはその後、ホワイトのAEWとの契約状況に関する詳細と、WWEとの交渉が最終的に契約に至らなかった潜在的な理由を知りました。


Fightfulはホワイトがトニー・カーンのプロモーションと複数年契約を結んだだけでなく、先週末のWrestleMania 39開催前に契約が成立していたことも認めました。これは、ホワイトがコネチカット州スタンフォードに向かっていないことをWWE内部の情報筋が知っていたということでもあります。「スイッチブレード」 は、2月に新日本プロレスのBattle in the Valleyでエディ・キングストンと最後に対戦したが、Loser Leaves NJPW戦で敗れました。しかし、Fightfulによると、1月のNJPWのWrestle Kingdom 17の頃にWWEが興味を示し、その後の数週間はホワイトとの契約に自信を持っていたといいます。


WWEの最高コンテンツ責任者であるトリプルHとグローバルタレント開発担当副社長のウィリアム・リーガルが途中で興味を示しましたが、上層部は同社が 「プロセスに沿って適切にコミュニケーションを取っていなかった」 ことを明らかにしました。また、ビンス・マクマホンが今年の初めに復帰したことと、その後の主要メンバーの雇用が著しく欠如していたことにより、交渉が決裂した可能性も示唆しました。Fightfulによると、ホワイトのためのクリエイティブプランはすでに暫定的に作成されており、一方で先週のように一部のWWE関係者は、結局Whiteと契約するのではないかという希望を捨てていませんでした。


Wrestling Inc


コメント

このブログの人気の投稿

WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

里歩を巡る数奇な状況について

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!