WWE:AbemaでWWEを楽しむために知っておきたい四方山話『2023年のWWEとはBloodlineである』他

イメージ
  皆さん、AbemaでWWEしてますか? 多くの人がリアタイで楽しんでいる様子がXのTLを賑わせていますが、その盛り上がりを見て、無料だし見てみようかなと思ってる人もいるかと思います。さて、そんなTLの様子を見てると、フジの深夜ぶりに見るとか、昔は見ていた、初めて見るという人も大勢いるようです。 Abemaでは適宜、日本語字幕などで選手の紹介などがされていますが、もう少しだけ詳しくなると、もっと今のWWEが楽しくなるポイントを解説していきます。 【その1:2023年のWWEとはBloodlineである】 今週のRAWでドリュー・マッキンタイアがジェイ・ウーソに対し信頼していない、という旨の発言をしていました。これはジェイがかつてBloodlineに所属していたことに端を発します。 Abemaでの放送では、ジェイがBloodlineを離脱した後から始まっているため、あまりこの関係性について深く語られていませんが、2023年のWWEのストーリーラインの主軸はBloodlineそのものであると言っても過言ではないでしょう。 まず、Bloodlineはワイルド・サモアンズとして知られるシカ・アノアイを父に持つ"トライバル・チーフ(一族の長)"ローマン・レインズ、リキシを父に持つ双子でレインズの従兄弟に当たるジミー・ウーソ、ジェイ・ウーソ、その末弟のソロ・シコアが中心的なメンバーです。 レインズはWWEユニバーサル王座を1130日以上防衛し続ける現在のWWEの絶対的王者です。しかし、その防衛には絆を誓う家族の存在が不可欠であり、レインズのピンチとなれば、Bloodlineのメンバーは介入だけではなく、襲撃などもいとわない無法なヒールユニットとも言えます。 しかし、ここに一人、密告者が加わったのが2022年9月。サミ・ゼインはウーソズと抗争中だったRK-Broらがバックステージで彼らの悪口を言っていたと告げ口したところから始まり、Bloodlineにすり寄るとサミは旧知の仲であるケビン・オーウェンズとも仲違い。徐々にBloodlineの信頼を勝ち取り、名誉メンバーとして受け入れられました。 ですが、2022年最後のスマックダウンでレインズと組んだサミは、オーウェンズ、ジョン・シナ組に敗北、徐々にレインズからの信頼を失っていき、オーウェンズとの王座戦を前にレ

AEW:3.5 Dynamite 試合速報1 PACとルチャ・ブラザーズが結託!!!AEWの破壊を宣言!




ニューチャンピオンは客席からベルトを抱えて入場。客席も大きな声でこれに応える。モクスリー「このベルトはクリス・ジェリコのものでも、連中のものでもない。これはファンのもの。異なるものを望んだ全てのファンのために、AEWはプロレスを取り戻した」とマイク。

登場したジェリコとインナーサークル。ジェリコ「"Le Champion"になるためにベルトは必要じゃない。今夜"モクスリー・エラ"が始まったことに気付いた。それを望んでいるのか」と客席を煽ると、観客は大歓声で応える。

「モクスリーは詐欺師だ。片方しか見えないように見せたとき、あいつは両方の目が見えてた。優れたチーム、インナーサークルがライブラリアンもマイケル中澤もジョン・モクスリーも、名簿全てを引き裂く」と宣告。さらに、今夜のメインのタッグマッチでモクスリーを叩きのめした場合、自分は60日の休暇を取ると言い出す。



▼SCU&コルト・カバナ vs ダークオーダー

SCU3人での登場の後、カバナは1人で登場、SCU、リングアナウンサー、レフェリーと握手するなど和やかな雰囲気。試合はカバナとグレイソンで開始。カバナが鮮やかなインサイドワークで見せる。SCUを場外に落とすと、リング内に残されたカバナに集中攻撃を見せるが、SCUは瞬く間に状況を入れ替えてみせる。

両軍テンポ良く状況を入れ替える。カバナがアレックス・レイノルズをコーナーで捉えたところで、エプロンに上がって阻止しようとしたものの、クリストファー・ダニエルズのダブルドロップキック、スコーピオ・スカイのコンヒーロで場外に押さえる。カバナはシカゴ・スカイラインからのスーパーマン!3カウント

ウノはマイクを握り「彼が到着したら、全てが変わる!」彼とは一体誰なのか………



▼ビッグ・スゥォル vs レヴァ

がっちりとしたロックアップから敵わないと思ったレヴァは本を渡すが投げ捨てられる。怒ったレヴァの平手打ち。さらにスゥォルのパワーの前になす術もなく破れる

▼コーディー登場

PPV『Revolution』での敗戦の様子が流される。 リングに上がった様々なスタッフを紹介。PPVでの一戦について語るも、敗戦について語りたいかは分からないと続ける。意気消沈している様子。それを遮るように現れたのはなんとジェイク・ロバーツ!!

ロバーツ「パーティーを邪魔して申し訳ないが、コーディーが泣き叫ぶのを聞きたくない。お前はただケツを蹴られただけだ。俺のクライアント"The Dark Side"がAEWに来る。お前はアーン・アンダーソンを連れて来い」と挑発。

▼チャッキーT vs PAC

Revolutionでオレンジ・キャシディと好勝負を見せたPAC。その試合の中で、ルチャ・ブラザーズが介入しようとしたところ、ベスト・フレンズが阻止をした。この試合でも何かが起きるか。

試合は序盤ベーシックな攻防。PACがティヘラでチャッキーTを場外に送り、トペを見せるかと思いきや、逆サイドのオレンジ・キャシディと睨み合い。リングに戻ったチャッキーTのスライディングキックでペースを奪われる。

互いにパワーと読み合いを見せるスリリングな展開。しかし、場外でのブレーンバスターでチャッキーTの動きが止まる。窮地にトレントも手を貸すが、PACはブルータライザーで仕留める。試合が終わっても締め付けるPACにトレントが立ちはだかるも、それを押しのけたオレンジ・キャシディ。しかし、リングに滑り込んだルチャ・ブラザーズが襲撃。さらにPACとの結託を宣言!!!!!








https://www.wrestlingismylife.fun/search/label/AEW













コメント

このブログの人気の投稿

AEW:ウィーラー・ユータの加入は事故!モクスリーが語るブラックプール・コンバットクラブ結成秘話!!

AEW:新日本プロレスワールド放送開始前におさらいしておきたいAEWこんな人、ユニットがいるよ解説編!!

WWE:ビンスの性的不正行為追求を担当していたマンジット・シンとイグナス・ラフードの辞任は、ビンスの復帰に反対しての辞任と判明